2018年1月22日 (月)

インド旅行記

著者中谷美紀 幻冬舎文庫 テレビで女優の中谷美紀さんがインド旅行の話をしていて、本もだしているという話を聞いて、読みたくなり図書館で予約したら、数人が貸出待ち、結局2か月以上待ってようやく手にして読み...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月31日 (日)

わたしの神様の一人が旅立ちました

以前、森村桂さんの作品にちなんで、「わたしの逢った神様たち」と「わたしの逢った神様たちその後」というブログを書きました。 12月29日の朝、その神様の一人Hさんが、2年以上にわたるすい臓がんとの闘病の...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月26日 (日)

弟の戦争

著者 ロバートウェストール 徳間書店 児童書なのですが、大人向けのような内容です。 イギリスで何不自由なく平和に暮らすある家族の少年の弟が湾岸戦争の最中、イラクの少年兵と意識がシンクロしてしまうという...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月26日 (土)

ありがたいこと

ありがたいこと、それは・・・ ぐっすり眠れて 美味しく食べれて ガハハと笑える この三つが当たり前ではないことに気が付いた。 この三つができることは、とてつもなく、ありがたいことだったのだなぁと・・・

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月13日 (土)

昔の手帳をみつけた

2003年と2004年のスケジュール表を発見しました。 あのころ、ほぼ毎月・毎週のようにあっていた友人のうち、 友人Fはおととしの九月に癌で亡くなりました。 それまで親友と思っていたMは11年前(20...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 2日 (火)

九尾の猫

著者エラリークイーン 早川書房 なんの関係もない9人の連続殺人事件。 アガサクリスティのABC殺人事件と似ていると最初思いましたが、全然違うトリックでした。 ネタバレになりますが、残りページが多すぎる...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Yの悲劇

著者エラリークイーン 創元推理文庫 アガサクリスティの「ねじれた家」とオチがにているのでどっちが発表が先かと調べてみたところ、1949年。Yの悲劇は1932年ということで、アガサクリスティがエラリーク...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

(達成)脱ナザール

6か月前に鼻炎の点鼻薬のナザール離脱を決意して、さまざまな禁断症状と戦ってきました。 最初の3か月は、鼻炎薬を飲みながら、鼻づまりと戦ってきました。 とくにはじめの1か月は、毎日鼻炎薬を飲まないと夜中...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月29日 (土)

緋文字

著者エラリークイーン 早川書房 アガサクリスティをほぼ読み終わったので、クリスティと同時代のミステリー作家(といってもエラリークイーンはペンネームでいとこ二人の共著というかわり作家) 物語に登場する探...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花見シーズンと北のミサイル

2010年の花見の季節に書いたブログ 、震災の前年のあのころも、北はミサイルをバンバン打っていました、あのころのはお父さん金正日の時代でした。 あの当時、日本の政権は民主党の鳩山内閣。アメリカはオバマ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«アクナーテン