2018年4月21日 (土)

神経病時代

著者 広津和郎 中央公論社 「やもり」「波の上」と続くクズ男三部作なのですが、調べてみるとこれ、私小説ですね、超著者本人の実話です。。 広津和郎は、1891年12月5日生まれ、明治24年の生まれですが...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月20日 (金)

えび(CHEMMEEN)

著者 シヴァシャンカラピライ 新宿書房 世界50か国語に翻訳され、映画化もされたという大ベストセラー作品ということなのですが、日本では1988年に一度出版されただけで絶版なのです。 「紅楼夢」以来、ひ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人間の條件

著者 五味川順平 文春文庫 中谷美紀のインド旅行記から始まって、どうして「人間の條件」にたどり着いてしまうのか。。 いやぁ~文学って本当に面白いですね。 中谷美紀の「インド旅行記」面白かった→インド本...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 5日 (木)

インド青年群像

著者 渡辺建夫 晶文社 ボンベイやカルカッタ、ゴアなど、インドの民宿のようなところに滞在して、街の労働者たちと会話をした記録は面白く、また、インドの文学や音楽、映画など、ちょっとマニアックな内容がとて...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 4日 (水)

三一書房が気になりまして

最近、インド本を読み漁っておりましたところ、その出版社の多くに三一書房がありました。 なんだろう、労働問題を得意とする左翼系の出版社なのだろうかしら? インドのカースト問題などと同時に、日本の差別問題...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

清掃夫の息子

著者 T・Sピライ 三一書房 インドのヒンズー教の悪しき習慣カースト制度の最下層の職業とされていたトイレの清掃夫の息子に生まれた主人公のチュダラは、この理不尽な仕組みからぬけだしたいと考え、自分はこの...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月31日 (土)

インドで暮らす

著者石田保昭 岩波新書 1963年初版の本書、図書館で借りた本は1991年ですでに第31版ということですから、長く多くの人に読まれてきた本なのですが。。今日まで知りませんでした。。またもや世の中は知ら...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不可触民の道

著者 山際素男 三一書房 このところ、山際素男さんのインドの不可触民関連の本などを何冊かよんでいるのですが、 本書は、すさまじい不可触民に対する暴力、虐待、犯罪行為に政府や警察ぐるみかかわっていたのに...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月27日 (火)

不可触民~もうひとつのインド

著者 山際 素男 光文社 これまでの、エネルギッシュでなんだか怖いけれども、でも楽しいそう、そんなインド旅行記に夢中になっていたのですが、 インド本を読み集めてくると、だんだんと、嫌でもインドの負の部...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 9日 (金)

インドの衝撃

編著 NHKスペシャル取材班 文芸春秋 2007年1月に放映されたNHKスペシャルの内容を一冊にまとめたインドの現在(といってもすでに10年前)。 奇しくもつい数日前に「きっとうまくいく」の映画を観た...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«インド人の頭ん中