« 残酷な子ども グロテスクな大人 | トップページ | マークスの山 »

2007年1月25日 (木)

なんだかな。。あるある大辞典騒動

紅白のDJOZUMAに過剰反応した日本人も情けなかったですが(普通の大人はつまらない悪ふざけをそこまで本気で相手にしないのでは?)

あるある大辞典を信じて納豆を毎日食べた人に対する報道の過剰反応にも違和感を覚えました。。だって、ちょっと考えればわかるでしょう、ダイエットなんて、栄養のバランスを良く考えた低カロリーの食事と、継続的な運動が一番なんて当たり前の話で、楽して痩せようってりんごダイエットやにがりダイエット、納豆ダイエットに手を出すのは、怪しい絵画や壺なんかを投資目的で買って一発もうけようとして詐欺に合う人と一緒じゃないですか?

番組作る側も、占いとか、おまじないくらい、信じるも信じないもあなた次第ですよまぁ試してみてよ、くらいのスタンスでくらいでよかないでしょうかね?所詮テレビのバラエティ番組なんだし、観ていて楽しかったんだからそれでいいと思います。嘘だってわかったら、なんだ~だまされちゃって納豆いっぱい買っちゃったよ、でも納豆美味しかったしいいや、「アハハハハハ」くらいでいいじゃないですかね。命にかかわる情報でもあるまいし。

それに苦情が何千件って、そんな暇な日本人が多いのかと、本当に情けなくなりました新聞、テレビや雑誌の情報は単なる情報で、その真価を確かめるのは視聴者のはずじゃないんですかね?

。。そうやって安易にテレビの情報に踊らされる視聴者が大勢いるお陰で災難にあった納豆業者が一番の被害者ですよ、テレビが言うから正しいなんて思っている人間がこれだけいると、末恐ろしいです、テレビ局に苦情の電話をした視聴者は自分が恥ずかしいと思わないのでしょうか?

ニュースを取り扱う真面目な報道番組やワイドショーまでこの事件を袋叩きにしていますが、それよりそこまで番組におどらされる国民が多数いたことを問題視して、危機感をもって分析、報道すべきなのでは?

この報道で納豆を売り切れ状態にした視聴者も猛省して、お詫びに毎日納豆食べるべきだと思います!

それよか、どうせ抗議するなら、多額の事務所費計上とかの問題で、当該政治家の事務所に同じくらいの抗議電話かけてみたらどうでしょうかね?国民としては、そっちのほうが大問題かと思うんですが。。

一行日記:家族のがん手術に立ち会った。手術後、家族は摘出された部位を実際に見ながら、医師の説明を受ける。なかなかグロテスクです。あまり病院には近づかないように暮らしていますが、それでもどうしても病院に足を踏み入れる機会はあるわかで、そのたびに毎度、医療従事者には、尊敬と敬意と賞賛の言葉しかありません。プロって言葉はこういう職業にふさわしい賛辞だと思います。医師、看護婦、レントゲン技師、その他の介護士、すべての連携プレーで人の命は救われているのだなと痛感。。そんな素晴らしい(ただし、医療従事者の私生活については別の話。賞賛も尊敬も値しない人格破綻者を実際何人か知っているため)職業の人たちがたくさんいる場所だってわかっていても、でもでも私にとって病院はどうしても好きになれない、なるべく足を踏み入れたくない場所なんですよね。家族の手術はひとまず成功。久しぶりに夜、安眠できた。

|

« 残酷な子ども グロテスクな大人 | トップページ | マークスの山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101019/13657544

この記事へのトラックバック一覧です: なんだかな。。あるある大辞典騒動:

« 残酷な子ども グロテスクな大人 | トップページ | マークスの山 »