« 田母神俊雄氏の発言に思う | トップページ | ミスター・ヴァーティゴ »

2008年11月 9日 (日)

任天堂のWiiのコマーシャル

任天堂のWiiのコマーシャルを見ると哀しくなります。

ボーリングやゴルフやテニスのゲームのCMを見ているときも。Wiiで行うゲームは、ボーリングではないし、ゴルフではないし、テニスではないので、家の中に閉じこもってなんちゃってボーリングゲームやってないで、家族みんなでボーリング場に行ってボーリングすればよいし、テニス場に行ってテニスすればよいのに。。そしてゴルフはお金がかかるから、、我が家では無理と思ったら、潔くゴルフからは距離をおいて、ゴルフゲームなどに興じないで、奥さんや彼女や家族と会話を楽しんだらよいのにと思っていたのですが。。

Wii Musicのコマーシャルは何度みても哀しい。。哀しすぎる。。

本物のギター練習してください。。本物のフルート練習してください。。本物のパーカッション練習してください。

本物の楽器を持ち寄ってみんなで練習するのと、Wiiで演奏することは全く別の世界の出来事です。Wiiのコントローラーを触る感覚と、ギターの弦を触る感覚は別物です。Wiiでヴァイオリンが上手に弾けても、本物のヴァイオリンの手触りや初めて音が出せた感動を味わうことはできません。

お願いだからWii Musicなる寂しいゲームに興じる時間があるならば、その時間でたて笛でも、木琴でもハーモニカでも、太鼓でも、カスタネットでもマラカスでもなんでもよいから、本物の楽器を手にして音楽を楽しむ歓びを味わって欲しいと本気に真面目に思ってしまいました。

書を捨てよ、、街へ出ようではありませんが。

Wiiを捨てよ、、ボーリング場へ行こう。

Wiiを捨てよ、、テニス場へ行こう。

Wiiを捨てよ、、楽器を持とう。

ですよ。

Wiiの開発者の談話のようなものを読みましたが、楽器演奏に挫折した人が、簡単に楽器の楽しさを味わえるために開発した。。といったような談話がありましたが、それなら何故幼稚園児にこのWiiのコントローラーを持たせて遊ばせてる映像が任天堂のHPに掲載されているのでしょうか?どう考えても楽器挫折者のために。。というのはこじつけですよね。(だったら、購入者に、10年以上本物の楽器演奏に取り組んだが、一向に上達することができなかった方のみ購入可能、といった購入条件でもつけたらよいと思います。)

最近のWiiのCMを観ると、Wiiソフトの開発者、人類をどちらの方向へ導きたいとおもってるんでしょうか?と問いかけたくなります(それとも、Wiiを新種の楽器と考えればよいのでしょうか?電子ピアノなど、基本はピアノだけどバイオリンやハープやギターの音が自由で出るようになってますが、発想はあれと一緒なのでしょうか?)

Wiiの世界がどんどん哀しいニセモノの世界を量産しはじめている。。最近、CMを観るたびに本気でそう思います。

でも、たまにWiiでスーパーマリオで遊ぶのは楽しいとおもいます。スーパーマリオの世界はボーリング場と違ってゲームの中にしかない世界ですから。。

そして、戦闘ゲームや殺人ゲームは、Wiiの中だけで遊んでいただきたいことは言うまでもありません。。

(後日追記)先日表参道の河合楽器のショップの前をとおりかかったら、Wiiミュージックを店頭で販売していました。Wiiは楽器だったのですね。。認識が間違っていたようです。

|

« 田母神俊雄氏の発言に思う | トップページ | ミスター・ヴァーティゴ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101019/43060180

この記事へのトラックバック一覧です: 任天堂のWiiのコマーシャル:

« 田母神俊雄氏の発言に思う | トップページ | ミスター・ヴァーティゴ »