« ドリフ | トップページ | 森村桂パリへ行く »

2009年4月 5日 (日)

お花見

昨日は友人と総勢7名(人生の師と尊敬しているT氏(御歳70歳)、才女で美人のO嬢、最近仕事のストレスか、妙に理屈っぽくなってきたMくん、飲み仲間のS氏、Nちゃん親子)で新宿御苑で花見。さすがにこのところ連日寒かったので、ようやく暖かくなったこの日は今年の中では一番のお花見日和ということでものすごい行列でどうなることかと思いましたが、10分程度で入園できました。

ドリンク、つまみは各自持ち寄りということで、いろいろなつまみやドリンクが集まって楽しかったです。

ひとりは、完全な男のつまみ(ちくわ、チーズ、キムチなど)

あとはサンドイッチややきそばなど穀物系の人が3名

わたしは卵焼き、唐揚げなどを持参

ひとりは手ぶらw

4時半まで飲食を楽しんだあとは、新宿駅前の居酒屋に移動。4時半だというのに結構な人の入りでした。

持ち寄りのつまみに野菜類が不足していたため、みんなが頼むつまみがサラダ類や漬物類に集中。4時半から11時まで店にいて、一人2500円程度の会計だったので、どれだけ御苑で飲み食いしたのかが伺える。Mくんは2次会の間は殆ど酔っ払って寝ていましたが(彼は弱くなった)。

時間が経つのがあっというまの、楽しい花見でした。

近くの別の花見の名所では大学時代のOBの花見も主催されていて、なぜか毎年同日にかぶってしまう。

今日の花見は発起人も私だったので選択の余地がなかったのですが、きっとあちこち掛け持ちしている人たちも多かったのだろうなぁ。

隣国のミサイル打ち上げなど、気になることもありましたが、「ここは赤坂御所と防衛省にはさまれているし、いざとなったらそのまま避難所になるし。。」などとノンキな会話をしながらの花見でした。そうはいえ、東北地方でハラハラしていた方たちのことなども心に浮かび、逆に平和のありがたさを実感した一日でもありました。

新宿御苑は誠に平和でした。北朝鮮にも、春といえば、美しいお花や緑があふれ、子供たちの笑い声や遊びに夢中の歓声、花見のためのご馳走などが並び、友人や家族たちと自然を愛で、飲食を楽しむ、そんな光景がどの国民にとっても日常的になったなら、ひょっとしたら、隣国に緊張を与えようなんて気持ちが起こることがなくなるのかもしれないなぁなんてそんなことをふとおもいました。

失業者が増加し、家や職場を失い、自殺者も毎年増加している、現在の日本も、どの国民にとっても、このようなお花見の光景が日常的ではなくなりつつあるのかもしれません。

Dsc_0078 Dsc_0079

|

« ドリフ | トップページ | 森村桂パリへ行く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101019/44570006

この記事へのトラックバック一覧です: お花見:

« ドリフ | トップページ | 森村桂パリへ行く »