« 手塚治虫のマンガ | トップページ | ぼくのドイツ文学講義 »

2010年3月 6日 (土)

妄想してみた

愛子様が乱暴なご学友にショックを受けて登校拒否というニュースを聞いて、、乱暴なことを嫌う皇室はいい皇室と思いました。

さらに。。自分に向う暴力や悪意のこもった言動だけではなく、自分以外の人々、とくに子供や社会的弱者、他民族や他国家に現在リアルに向けられている暴力や悪意や理不尽で不当な人権侵害や差別や虐待に対しても、自分に向けられたのと同じだけの敏感さや想像力があったら、誰しも同じくらい逃避行動に出てしまうだろうし、ひょっとしたら、もう生きていられないかもと思います。

世界中の王族や皇族や貴族が、もしも自分以外の人々に向けられる暴力に対して少しでも、今回の愛子様と同じような拒絶反応を示してくれたなら。。世界はどんなふうに変わるのだろう。。

見てみたい。。ちょっとだけそんな妄想をしてしまいました。。

|

« 手塚治虫のマンガ | トップページ | ぼくのドイツ文学講義 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101019/47734757

この記事へのトラックバック一覧です: 妄想してみた:

« 手塚治虫のマンガ | トップページ | ぼくのドイツ文学講義 »