« ピアノはぜいたく品? | トップページ | 救急隊長はカッコよい »

2010年4月22日 (木)

アースディ

先日の日曜日、明治神宮に散歩にでかけたのですが、参宮橋側の門から神宮に入ったら、芝生広場の方から怪しい太鼓の音が聞こえてきました。なんだろう、まるで新興宗教が踊りながらかき鳴らす太鼓の音のようです。どうしたどうした。。神聖な神宮の森で不謹慎な活動をする輩がいるとは!!!と思って音の方へ進んでいくと、やっぱり!パナウエーブですか?というような多面体のテントや、ソーラーパネルを載せた車が止まっていて。へんなモニュメントが置いてあったり、インディアンの居住地のようなものまで立ててある。そしてそこにいる人々は、アンデス地方の衣装なのかチベットの衣装なのかよくわからないですがエスニックな服装の人々ばかりで、まるでヒッピーのようにたむろして踊ったり、寝転がっています。

なんじゃこりゃ~しかも芝生には柵があり、「立ち入り禁止」と思いっきりかいてあるじゃないですか。あやしい宗教集団に神宮の森が乗っ取られたかと、不安に思ってしまいましたが、これがアースディのイベントだったようです。

ということは、明治神宮が許可してるんですね。おどろきでした。

養生のために立ち入り禁止になっている芝生の上で踊って、一体どこのなにが環境問題に取り組むのか?神宮の森でダンスを踊るのが一体どういう平和行動なのか?神社には神社にふさわしい踊りが用意されている筈なのに。。。

もちろん、インディアンの居住地の再現やら、異国の服装を着て、異文化との国際交流を図るのは全然オッケーですが、なにも神宮の森でやらなくても。。静かな森をゆったりと散歩するためにやってきたのに、ふさわしくない異国の太鼓の音やソーラーパネルを搭載したバンが神宮の森にあるは必要一切ないと感じたのです。

神社では結婚式も行われていました。子供にとって神社の境内は遊ぶ場所かもしれませんが、大人の遊び場ではありません。

もうすこし神社という場所に対する気配りがあっても良かったのではないでしょうか?

このイベント、野中ともよ氏が代表のNPO団体かかわっているようですが。そのあたりのコネで、明治神宮の一区画をレンタルできたのでしょうか。

散歩の行き帰りに芝生広場を通りかかりましたが、それにしてもとても違和感があり、なんともいえない胡散臭い集団のように感じてしまい、まったく賛同できませんでした。ヒッピー系な集団が芝生で寝転がって異文化交流や世界平和を願うなら、もっとふさわしい場所があったと思うのですが。。そんなことを考える自分は狭量なのでしょうか。

そういえば、窪塚くんも、いろいろとアースディで活動していたけど、窪塚洋介という俳優は好きだけど、窪塚くんが参加していても、過去からこのイベントにはまったく興味がわかなかったわけです。

国連もかかわっているイベントらしく、実際、よく知ると、本当はとても素晴らしいイベントなのかもしれませんので、それがわかったときは、意見を訂正したいと思います。

はじまった当時の主旨はとてもよかったけど、いつのまにか、勘違いした若者が単に大勢で集まって騒ぐ楽しみのような、あさっての方向にいってしまったということでなければよいのですが。。かつてのヒッピー文化もそうして衰退してしまったのであります。

|

« ピアノはぜいたく品? | トップページ | 救急隊長はカッコよい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101019/48154194

この記事へのトラックバック一覧です: アースディ:

« ピアノはぜいたく品? | トップページ | 救急隊長はカッコよい »