« 落葉隻語 ことばのかたみ | トップページ | マデックの罠 »

2010年5月21日 (金)

記憶力の不確さ

最近、すごいことが発覚しました。

わたしも、母も、とある温泉に親子ふたりで旅行したという、誤った記憶を共有していたのです。

ふたりとも、体験していない旅行を体験したつもりになっていたのです。

記憶の間違いが発覚したのは、家族の意見です。「ふたりとも、そんな旅行には行っていない。どのホテルに泊まったのか?写真はとったのか?」との追求で、そういえば、、ホテルの記憶がない。。写真すらない。。ということは。。実は旅行にいっていない!!

何ということでしょう。ふたりして、まちがった記憶の捏造をしていたのです。

その温泉は、わたしが何度も行っている温泉で、どんなに良い温泉かを、折に触れ母に伝えていました。

そして、そのわたしの話を元に、母は、その温泉に娘と行ったシュミレーションを脳内でなんども行ったと思われます。

そして、私も同様に、母とその温泉に行ったシュミレーションを脳内でなんどもおこなってていたのだろうと思われます。

かくして。。ふたりは、一度も言っていない温泉旅行ににふたりして確かに行ったという記憶を共有してしまったのです。

いまでも、その温泉に母と二人で入った記憶が脳内に蘇ります。。(錯覚なのに)。。

何とといもおそろしい、、実際に、記憶は嘘をいうのです。その事実を自分で体験してしまいました。人は自分が都合がよければ、いくらでも記憶を捏造し、実際にはありもしない記憶を脳内に植えつけて。しかも、他人と同じまったく捏造の記憶まで共有できてしまうのです。

キリストが、石をパンに変えて、水をワインにしたというのを何十人の人が目撃して、福音書にそのときの様子を描いたとしても、その記憶もあやふやです。

ましては、キリストが神の声、預言を聞いたとか、、そんなの実際、だってどうだかねぇ、、という話になってしまいます。今回の自分の記憶が捏造だったということを体験して、ますますそう思った次第です。

そもそも、神の預言っていうイタコ行為がすでにうさんくさい。。なぜ、もっと最近の最新の神の声を聞いたとか、自分が正真正銘の神だ、という人が、現れて、既存の宗教に殴り込みをかけずに、病院送りになってしまうのかもわからない。。。なぜ、キリストはokで、いま、自分はキリストの後継者だという人が病院の住人になってしまうなのか。。その人が、実はリアルホンモノの神様だったらどうするんですか。

それにしても、今回、自分自身が記憶の捏造を体験したので、人の脳内の記憶力のいいかげんさに気がつきました。自分の記憶、、それはホンモノか、疑ってみたほうがよいのかもしえません。。

記憶は嘘を言う、だから、記憶より、未来、明日がモノホンなんですね、きっと。

|

« 落葉隻語 ことばのかたみ | トップページ | マデックの罠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101019/48413601

この記事へのトラックバック一覧です: 記憶力の不確さ:

« 落葉隻語 ことばのかたみ | トップページ | マデックの罠 »