« しがみつかない「徒然草」のススメ | トップページ | 五回目の命日 »

2010年10月26日 (火)

国民全員が輪になって人殺し。。

日本には、死刑制度があるかぎり、国民全員、多分人生で数回は人を殺しているわけで。

今日生まれた赤ちゃんも、日本国民だから、知らない間に自動的に人殺しの仲間入りです。。
どんな正当な理由があってたとしても、死刑はまぎれもない立派な人殺し。

国民合意の人殺し制度。あなたもわたしも、輪になって人殺し。。

あなたは、妥当な理由さえ整えば冷静に、心安らかに人の命を殺めることができますか?

人の死は死でしか償えないというのは誰が決めたのですか?

無残にも凶悪な人間に殺されてしまった被害者は、自分の愛する家族が人を憎み、人の死を強く祈り、願うような人間になってしまうことを本当に望んでいるのでしょうか?そう考えただけでも恐ろしいです。。もし、被害者は、なんの罪もない、とても心優しい人でした、と遺族が言うのだとしたら、その被害者が家族に、人を憎み死を願うなんて、矛盾しています。

わたしは、自分がもし、恐ろしい虐殺をされたとしても、自分の死後に、愛する家族が、どんな理由があったとしても、誰か、人が死ねば、殺されればよいのにと考えるほどの憎しみの心に満たされた抱き日々を送るようになってほしくないです。「あの子は優しい子だったから、どんな卑劣な人間だろうと、残酷な方法で殺されるところなど見たくないはずだ。」と家族に思って欲しいのです。

もし、被害者が、遺族の言うとおり、心優しい子だったら、加害者を赦すだろうし、そうではなければ、あの世から末代まで祟るなど、、加害者に、被害者本人が、なんらかの恐ろしい復讐を考えるとおもうのです。


|

« しがみつかない「徒然草」のススメ | トップページ | 五回目の命日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101019/49855870

この記事へのトラックバック一覧です: 国民全員が輪になって人殺し。。:

« しがみつかない「徒然草」のススメ | トップページ | 五回目の命日 »