« 大震災についての雑記7 | トップページ | 大脱走(にっぽん大震災心得) »

2011年3月23日 (水)

大震災についての雑記8

先日の大地震で、倒壊した書棚から、いろいろなものが発掘されました。

未使用の図書券500円分、大昔に友人が北欧から送ってきたムーミンの絵葉書、、

そして、気になる便箋が本の間から出てきました。。差出人がないのです

そのため、思い当たる人物をいろいろと考えました。。思うに、ひょっとしたらこの便箋の送り主は、仙台に住む大学時代の先輩からの手紙なのではないかと思うのです。。

まるで、詩のような内容でしたので、ここに記しておきます。

ちゃんと読んでうんとうまくなるように。めんどうでも最初からひと通りやってごらんなさい。少なくとも、これまで自分がいかにモノを見ていなかったかが分かるはずですよ。スキーはいかがでしたか?白いゲレンデはまぶしくて夢がありましたか?早くピアノを聴かせてください。

わたしはスキーを人生で一度しかしていません、しかも大学時代にです。。つまり、、化石のような手紙が発掘されたということです。。この先輩は、仙台で被災したが無事という話をつい最近伝えきたばかりです。。。なんだか、胸がざわざわとしてしまいました。




|

« 大震災についての雑記7 | トップページ | 大脱走(にっぽん大震災心得) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101019/51198477

この記事へのトラックバック一覧です: 大震災についての雑記8:

« 大震災についての雑記7 | トップページ | 大脱走(にっぽん大震災心得) »