« 牛乳が飲みてぇ | トップページ | 明日なき世界 »

2011年3月26日 (土)

被爆量

まったく被爆に詳しくない自分のような人間が素人考えで計算すると・・・

日本人が1年間に自然から受けるマイクロ・シーベルトは1,500マイクロ・シーベルト
日本人が1時間に自然に受けるマイクロシーベルトは・・・
1,500÷365日÷24時間=0.171232877マイクロ・シーベルト

読売新聞3月25日(金)23時27分配信の各地の毎時の被爆量が自然値の何倍かを計算すると。。

飯館村      4000(μs/h)÷0.171232877=23360倍
南相馬市  620(μs/h)÷0.171232877=3620.8倍
福島市      2200(μs/h)÷0.171232877=12848倍
郡山市      500(μs/h)÷0.171232877=2920倍
会津若松市110(μs/h)÷0.171232877=642.4倍
いわき市  430(μs/h)÷0.171232877=2511.2倍
白河市      530(μs/h)÷0.171232877=3095.2倍
水戸        60(μs/h)÷20.171232877=350.4倍
東京       20(μs/h)÷0.171232877=116.8倍

枝野官房長官は、「健康に直ちに影響しないと」言っていますが、国民が知りたいのは、直ちの健康被害ではなく、1年後、5年後、10年後、30年後、50年後の健康被害についてだと思うのですが。。。50年後の国民にこの被爆による健康被害が出だしても、現在の東電幹部や政治家や官僚はみんなあの世にいってるか、よぼよぼのお年寄りになっていて、責任は取れないいんじゃないのでしょうか?

|

« 牛乳が飲みてぇ | トップページ | 明日なき世界 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101019/51218784

この記事へのトラックバック一覧です: 被爆量:

« 牛乳が飲みてぇ | トップページ | 明日なき世界 »