« 離別の受け止め方 | トップページ | 変ですね。。 »

2011年4月28日 (木)

天皇陛下の行幸

天皇皇后両陛下が、各被災地をご訪問されているお姿を、目にしたり、読んだりするだけで、なんとも、目頭が熱くなります。

多くの日本人にとって、陛下はやはり心のよりどころなのだと思ってしまいました。

総理や東電の社長が被災地を見舞うと、被災者の心はいらだつって不安定になるのに、陛下がお越しになり、お言葉を掛けていただいたり、お姿を拝見できたりすると、心は癒され、そして安定するのでしょう。

心がなごみます。そして、総理、政治家、官僚は、国家、国益のことしか考えていないように思えてしまうけれども、陛下は国民、人間のことを考えて行動されている、無欲の、ヒューマニストのように思えるのです。

陛下がリーダーだったら、もっと国民優先の行動を取っていただけたのでは。。なんて、大政奉還を考えてしまったりもする今日この頃。。

とくに、美智子様の優しげなお顔を拝見するだけで、とても癒されますです。。両陛下とも、ご健康に長命していただくことを心より望んでしまいます。


|

« 離別の受け止め方 | トップページ | 変ですね。。 »

コメント

本当にそう思います。今の政治家に陛下の態度、心を見習ってほしいものです。

投稿: 堀田 | 2011年4月28日 (木) 15時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101019/51515597

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇陛下の行幸:

« 離別の受け止め方 | トップページ | 変ですね。。 »