« NANO-MUGEN FES 2011@横浜アリーナ | トップページ | 八日目の蝉 »

2011年7月23日 (土)

放射能に対する感じ方

木曜日にビアガーデン飲み会に出席しました。
子持ち、家族持ちのメンバーが多かったのですが、放射能に関して皆さん思いのほか楽観的でした。。庭やベランダの掃除すらしていないという話。。

というか、逆にこの問題については、努めて眼をそらしているようにも思われました。

そんなこと気にしていたら、日常生活がかなり不便になりますから。。それじゃなくても、子育てはいろいろと大変なのに、それに放射能のことまでストレスにしたくないということなのでしょうか?

とくに共稼ぎの夫婦は、子供の日常生活や食事のケアに放射能問題を加算するのはかなり大変なストレスなのだろうなと思いました。

でも、どうなんでしょうか。
東日本の多くのエリアでは、原発事故以前より2倍から数倍高い数値レベル。。これは外部被曝。。それに、肉、野菜、魚などなど暫定基準値以下とはいえ、ほとんどの食物が放射能で汚染されています。これも、少量ずつでも食べ重ねれば身体に良いとは思えません。

とくに子供は牛乳を沢山飲むので基準値以下だからといって、ごくごく飲んで大丈夫なのでしょうか。(せめて、まったく汚染されていない牛乳か、汚染はされているが基準値以下かどうかの表示はしてほしいと思うのです)。

自分は子供がいませんが、可愛がっている友人の子供たちが何人もいて、彼らのことが心配でたまりませんが、でも当の親たちがあまり気にせず生活しているので、何も言えません。。

心の中で、子供たちの無事と健康に育って欲しいとおもうしかないのですが。。

|

« NANO-MUGEN FES 2011@横浜アリーナ | トップページ | 八日目の蝉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101019/52282735

この記事へのトラックバック一覧です: 放射能に対する感じ方:

« NANO-MUGEN FES 2011@横浜アリーナ | トップページ | 八日目の蝉 »