« まだ影響力があった | トップページ | ロザムンドの死の迷宮 »

2011年10月 9日 (日)

スティーブ・ジョブズ氏の死去について思うこと

なんと、氏の死去のニュースを見るまで、スティーブ・ジョブズ氏のことを全く知らない、無知の塊でした。

これまで、アップル社製品を一度も手にしたことがなく。ピクサーアニメも一度も見たことはなかったです(いや、実はどこかで見ているのかもしれませんが、意識したことがありませんでした)。

そして、氏の死後に、彼の発言録や、動画などを見ました。そして、つい先日亡くなった人物なのに、まるで歴史上の大偉人のようなクリエーターだと感じました。

会社の同僚は、ジョンレノンが亡くなった以来のショックだったと言っていました。氏の才能をよく知る人にとっては、正にそうだったのでしょう。

そして、アップル製品は使ったことはないけれど、現在良く使うPCやインターネットの全てに繋がる礎を作った天才だったのだと知ることになりました。

ただ、発言録などをよんで、少し違和感を覚えたことは、ジョブズ氏は能力も精神力(根性)も集中力も弱い、または持ち合わせていない、多くの凡人たちに対してはかなり冷い人物だったようです。。(偉人というのはすべてそういうものなのかもしれませんが)。

この世の全ての人間があなたのような能力に溢れている人ばかりではないのです、その人たちに、「今日が人生最後の日だとしたら、今の仕事が本当に今日するべき仕事か考えてNoだと思ったらやめたほうがいいよ」と諭すことは、一般的には正しくないことだと彼に教えてあげた人はいたのでしょうか。

だって、多くのひとたちにとって、今日この日急に死を迎えることの方が圧倒的に少なく、比較的特筆すべきことのない人生がこの先、途方にくれるほど延々と、ダラダラと続く人のほうが多いのですから。。

そのような多くの普通の能力の持ち主にとっては、今の仕事を辞めたからと言って、もっとより良い仕事にありつくより、もっと惨めな生活に陥ってしまうことが多いのだということを。。彼は知らなかったのでしょうか。。

ジョブズの言葉に踊らされて、仕事を辞めてしまったりする前に、自分の能力を精査する必要があるのではないでしょうか。。

なんて、夢がないけど、現実だと思います。

|

« まだ影響力があった | トップページ | ロザムンドの死の迷宮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101019/52945066

この記事へのトラックバック一覧です: スティーブ・ジョブズ氏の死去について思うこと:

« まだ影響力があった | トップページ | ロザムンドの死の迷宮 »