« 青い壷 | トップページ | 見て見ぬふりをする社会(1) »

2012年3月27日 (火)

卒業

卒業シーズンなのでしょう、今日ラジオで尾崎豊の卒業が流れていました。

いろいろ思い出のある曲で。

関係ないのに、長い間不仲になっている友人Mのことをいろいろ思い出しました。

彼女が距離をとり始めてからずっと、私はいつも寂しさを感じているのに、彼女はどのような寂しさも感じていなのだという事実を直視することの困難と必要性。

これって、ストーカーになってしまう人の心理にもつながるのでしょうか?

自分は彼女のことしか頭にないのに、彼女は俺のことをすっかり忘れて楽しい毎日を過ごしている、なんでや~。みたいな?

つまり、現実理解力がないのでしょうか?いえいえ、もう何年もわたしは、彼女にいかなる接触すらしておりません、寂しさは常に感じておりますが、求められている距離を保っております。。

ではそこまで拒絶している私に対して、どうして友人Mは未だに毎年、年賀状や誕生日カードを送ってくるのでしょうか?この点が私の理解の範疇を超えてしまっているのです。

儀礼的な社交は続けたいけれど、実質的な社交は拒否します、、という意思表示に私は長い間混乱しています。

どう理解すればいいのか、、常に悩んでいます。

まぁ、卒業シーズンの戯言ですが、、一応、今の気持ちを記しておきたいと思いました。

|

« 青い壷 | トップページ | 見て見ぬふりをする社会(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101019/54318425

この記事へのトラックバック一覧です: 卒業:

« 青い壷 | トップページ | 見て見ぬふりをする社会(1) »