« 魔の山 | トップページ | 祖父のシベリア抑留 »

2015年1月21日 (水)

歴史上もっとも残忍だったのは

イスラム国が歴史上最も残忍で残酷なテロリスト集団といわれているなんて記事をネット上で目にしたが、そんなこたーない。戦争中はどの集団も想像を絶する残虐なことをする。


近いとこからではイスラエルのガザ空爆、ルワンダ、スレブレニツァ、すこし前なら、ベトナム、文化大革命、そしてドイツのホロコースト、アメリカの原爆投下、もうすこし前なら、ロシア革命後の粛清、旧日本軍もいろいろしていないはずがない、もっちょっと前だと、アメリカのアフリカ大陸での奴隷狩り、アメリカのネイティブアメリカン虐殺、オーストラリアのアボリ族虐殺、もっと昔ならフランス革命の市民の残虐さ、それこそいろいろある。。イスラム国が歴史上もっとも残虐なのではなく、戦争の狂気はそれこそ、歴史通りの絵に描いたような残虐さなのだ、とくにネイティブアフリカンたちの文化を蹂躙し根絶やしにしたアメリカ(キリスト教徒)の歴史のイスラム国は双子のような状況のような気がするのです。
とふと思ったので、記しておきたいとおもう、、、

|

« 魔の山 | トップページ | 祖父のシベリア抑留 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101019/61010415

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史上もっとも残忍だったのは:

« 魔の山 | トップページ | 祖父のシベリア抑留 »