« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月22日 (火)

マツシマさんの死

中国語教室での大先輩。飲み仲間。83歳のマツシマさんが、9月28日に83歳で亡くなられました。亡くなる直前まで、同級生を先導して、高尾山にのぼり。昨年、一昨年と世界各地の7000メートル級の山に登る、登山家。冒険家でありました。

おだやかに、わたしのような若輩者の話に耳を傾けてくれ、そして、世界中で体験した豊かな話を沢山私たちクラスメートに聞かせてくれました。
飲み会でも、みんなマツシマさんの隣に座りたいと、多くの若い仲間に囲まれて、慕われて、なんて素晴らしい、うらやましい人生だったのだとう。。
いまでも、あの優しいにこやかな笑顔に、もうお会いできないのがとても信じられません。
80歳を過ぎても強靭で、歩く速度など私の2倍くらい、「お疲れ様」と声をかけられるとあっというまに遠くに歩き去ってしまうほどでしたが、数年前から癌を患われ、それでも山に登りたいからと、積極的な治療は行わず、最後の最後までやりたいことをされて旅立たれました。。最後にお会いしたのは7月の終わりの暑気払いの飲み会。。それから2か月であっというまに旅立たれてしまいました。。
お別れ会には100人以上の友人が集まったということで、80歳を過ぎて、会社勤めもしていないのに、これほどの参列者がマツシマさんの死を悼んでいたのだと、あらためて、素晴らしい人と短い期間でしたが、お付き合いできたことを、感謝したいと思います。
83歳の方が旅立っても、長寿だ、大往生などとは思えない。不在の悲しみというのはあるものなのですよ。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

葬儀を終えて

著者 アガサクリスティー 早川書房

数々のポアロ作品のなかでも、これだけゲスファミリーが集うのもなかなかです。
家族のほとんど全員が、おじさんが早く死んでくれれば、この経済危機から抜け出せるのにと、考えているのだから。。
しかも、ほかの作品のように性格のねじまがったおじさんではなく、真面目で誠実で親切なおじさんにたいするこのファミリーの態度ったら。。
小説ではなく、先日みた「後妻業の女」のように、旦那や金持ちの家族が早く死んでくれないかと思っていることは、実際あまたに溢れているのでしょうが。。それにしても、、読んでいてさびしくなるストーリーでした。
でも、このオチは本当に驚きです!面白い!と言わないわけにはいきませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月17日 (木)

ポケットにライ麦を

著者 アガサクリスティ 早川書房

マザーグースの歌のとおりに殺人事件が発生、ミスマーブルの昔の奉公人が事件にまきこまれ、憤慨したミスマーブルが捜査に乗り出すのですが、、やっぱりミスマーブルこわい。。
複雑なストーリーでしたが、ラストはびっくりぽんでした。
うーんアガサクリスティおそるべし。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雲をつかむ死

著者 アガサクリスティー 早川書房

飛行機の中という完全な密室での殺人事件にたまたま居合わせてしまった、ポアロが事件を解決。
ちょっとオチがえーーそれはないでしょっという感じでしたが、登場人物がそれぞれ個性的で面白いストーリーでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書斎の死体

著者 アガサクリスティ 早川書房

ミスマーブルはかわいいおばあちゃんで、ポアロはいけ好かないとクリスティー自身はおもっていたようですが、わたしはミスマーブルが怖いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

象は忘れない

著書 アガサクリスティ 早川書房

ポアロと、女性推理小説家オリヴァの掛け合いが楽しい小説でしたが、トリックとか、結末とかが、ちょっとわかってしまっいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホロー荘の殺人

著者 アガサクリスティ 早川書房

ポアロシリーズ、既に50冊以上クリスティの本を読んでいたのですが、今回初めて、犯人が気になりすぎてつい、途中で結末を読んでしましました。
結末読んでも、どうして彼が犯人なのかよくわからず、面白かったのですけれどね。
傑作の一つかと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月11日 (金)

「土人発言、差別と断定できない」の?

先日機動隊の土人発言の感想を書いたのですが。

今回は鶴保庸介沖縄・北方担当相が、「土人発言、差別と断定できない」と発言したとのニュースを見て。
三十年前の中学生が、これは言ったら傷つく人がいるだろうと考え、差別的な言葉だと感じていたのに、三十年後の大臣はそうおもわないのかと、改めてこの国は差別に対する想像力や感性が、三十年前の子供よりも無頓着になってしまったのだろうか、それとも、住んでいる場所は同じだが、実は違う国に住んでいるのだろうか?

など、いろいろと考えてしまいました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 6日 (日)

ブリジットジョーンズの日記

第三作を早速見に行ってきました。

以下、感想ネタバレ満載です。
↓↓↓↓↓↓
43歳で独身のブリジットジョーンズ(レネーゼルウィガー)は、元恋人マーク(コリンファース)とは10年交際後に別れていて、マークは既に妻帯者、そしてもう一人の元恋人、イケメン上司のダニエル(ヒューグラント)はこの映画の冒頭で事故で亡くなっていてお葬式シーンです。
そして、ブリジットジョーンズは寂しく一人ぼっちの43歳の誕生日を迎えるのですが。。が!
その翌日、女友達とでかけた音楽フェスで、アメリカの億万長者ジャックとキャンプのテントで一夜をすごし、数日後に再開した元恋人マークとも一夜を過ごし、懐妊!(これが最後のモテ期!!)
しかも、その二人に懐妊の事実を伝えると、ふたりともなんと、暖かく事実を受け入れてくれて、父親教室にまで通ってくれるのです(ないわ~)。
普通だったらどちらかがストーカーになったり、サスペンスになるところを、二人の優良イケメンに見守られながら出産し、DNA検査の結果は愛するマークの子供で、遂にマークと結婚、結婚式には、もう一人のお相手ジャックも出席して、友達として仲良くしてくれている。。(ないわ~)
ということで、この映画は、とてつもないハッピーエンドで終わるのですが、ありえなすぎるので、本来なら、この映画のオチは、この映画のストーリーはすべてブリジットジョーンズの妄想で、映画の結末は、ブリジットジョーンズが精神病院に隔離されているところを、実は事故で死んでいなかったヒューグランドが精神病院に訪れてブリジットジョーンズを引き取る。。というオチが妥当なんじゃないかと思っていたのですが、
なんとなんと、ないわ~、妄想過ぎだわ~というオチで終わってしまいました。
いや~妄想映画極めたり!全篇面白かったけど、ないわ~過ぎてなんと申していいやらという映画でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひらいたトランプ

著者アガサクリスティ 早川文庫

ポアロシリーズの中でもトップ10にはいるだろうという面白い小説でした。

日本人にはあまりなにじみのないトランプゲーム、ブリッジが全篇にわたって登場するのですが、ブリッジの知識のない日本人にも愛されている小説ということです。

四人の元殺人者(完全犯罪者)の中の誰かひとりが第二の殺人者、それは誰か?ということでポアロほか3人の探偵たちが推理します(これも面白い)。

ところで、小説のなかで、とある戦争観が書かれていたのですが、的を得ていてうなずけます。

戦争では、たしかに、個人的な判断を行使して殺人するのではありません。しかしだからかこそ戦争はもっとも危険なものなのです。戦争では人間は相手を殺すことに正当な理由をつけられます。このように、人間が他人の生死を左右できるという考えに、一度でも取りつかれたものは、もっとも危険な殺人犯人になりかかっているのです、利益のためではなく、思想のために人を殺す、こんな人ははなはだ傲慢な殺人犯人です。そういう人は全能の神の機能を奪い取ったということになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 5日 (土)

スタイルズ荘の殺人

著者アガサクリスティ 早川書房

本書がアガサクリスティのデビュー作ということです。
すでにポアロとヘイスティング少佐が登場します。
もともと薬剤師だったクリスティの知識をフル活用して、毒殺もののミステリーが完成したのでしょうか?
ポアロの肖像もすでにこのとき出来上がっていたというのがびっくりでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 2日 (水)

ナザール中毒離脱奮闘記

ナザールをご存じですか?

鼻炎の点鼻薬で即効性が高く。
アレルギー鼻炎のある自分は、なんと20年近くも、鼻スースのためにも使い続けていたのですが。
常にナザールがないと不安。ナザールがないと少しパニック、生きていけないのでは。
というくらいの中毒になっており。
さすがに、これはおかしいと思い、思い立って一週間前から、ナザール断ち(禁酒とか禁煙に近い?)を始めました。
そのため、もう、鼻が完全につまり、全く鼻呼吸ができない。苦しいので、口呼吸。
そのため、とてつもなく口が渇くので、口内炎ができたり、咽喉が痛くなったり、体に不調が噴出しましたが、それでも、意志を強く持ち、ナザールなしで、がんばりました。10日間。
そして、口呼吸しつづけ、10日も過ぎると、多少、鼻が通るようになり、呼吸も可能となってきました。とはいえ、実は10日目過ぎてからの方が、時折鼻づまりがMAXになってきて、ナザール欲求が極端に、強まってくるのです。苦しい、息ができない、いま、点鼻すれば、鼻がスースーしてきっと楽になるぞ、、って悪魔のささやきが。。。
ナザールは、法律で禁止されていませんが、それでも、薬物中毒って、本当に恐ろしいですね。
違法薬物ではないナザールでも離脱にこれだけ苦労しているのですから、もっと常用性のある(というかナザールの常用性はハンパないですが)いわゆる違法・脱法薬物からの離脱をしたいと思っている人たちの苦労もなんとなく想像できて、国の体制が整っていないのでとりあえず刑務所、というのはどうかな?って思ってしまったりしています。
まだ、10日目、がんばって薬物中毒離脱したいとおもいます。なぜそう思い立ったかの最大の理由は、これから大震災が起きて、薬が入手できなくなってしまったら、どうなるのだろうという不安が一番でした。
ナザールでもこんなに苦しいので、そのたの依存症の方々も、災害が起きる前に離脱しとくことをおすすめいたします。。なんちゃって。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »