« カーテン | トップページ | 紅楼夢 »

2017年2月19日 (日)

Back When We Were Grownups

ずっと観たいと思っていた、アンタイラー原作の映画を漸く見ることができました。

フェイダナウェイやピーターフォンダなど、往年のスターまで出演していたのに、感想は失望のひとことです。
アマゾンレビューが五つ星になっているのはレビューアーがまったく原作を読んでいない人たちばかりなのかと思いました。
アンタイラーの小説は、舞台や人物像など、それはそれは細部にわたり説明する小説なのですから、原作に忠実に映画化することなど簡単だと思っていたのですが。
ひどいと思った点。
まず、主人公のベック役の女優がBlythe Dannerという痩せ細った女性。。。原作では、小太りで短い髪の毛が羽のようになっているはずが、ベあまりにもイメージが違いすぎて悲しい。
ポピー役がピーターフォンダですが、ポピー自慢の鼻ひげはどうした!ひどい。
ゼブも、うすよごれたメガネをかけているはずが、かけてないし。
ビティはがりがりにやせているはずが普通だし、全然料理してないし。
ノーノーははちどりのようにかわいい少女のような女性のはずが、いかついし。。
ウィルは巻き毛のはずがストレートだし。
この小説では重要人物のアリスファーマーが登場しないし。
アイダ叔母さんも登場しないし。
ベックが最後に霧の夜に、自分は人生を楽しんでいたんだ。これでいいんじゃないの、と思うシーンらしきとろこにゼブがからんできちゃうし。
原作ラバーだったら、「キー」って怒ってしまうはずなのに。アマゾンレビューが100パーセント五つ星というのは、おかしいにもほどがありました。
映画ではなく、テレビドラマにしたほうが原作忠実にじっくりと描けるのかもしれませんね。

|

« カーテン | トップページ | 紅楼夢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101019/64912122

この記事へのトラックバック一覧です: Back When We Were Grownups:

« カーテン | トップページ | 紅楼夢 »