« 2017年8月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月26日 (日)

弟の戦争

著者 ロバートウェストール 徳間書店

児童書なのですが、大人向けのような内容です。
イギリスで何不自由なく平和に暮らすある家族の少年の弟が湾岸戦争の最中、イラクの少年兵と意識がシンクロしてしまうというお話。
イラクの少年兵もひもじくなったり、砲撃されて怖かったり、仲間が死んで悲しかったり、そんな体験をイギリス人の子供が意識の中で体験してしまう。
両親は弟が精神病になってしまったのだと思うが、少年と医師はこの子供がイラクでなにかを体験しているのだとわかっていたのです。
弟がこうなる前の少年は、父親とふたりで、「イラクのやつらに爆弾を落として粉々にしてしまえ!」なんて息巻いていたのだが、そのとき、母親が、「なんてことを言うの、イラクの兵隊さんたちにも母親がいるのよ、あのひとたちは金属でできているとでも思っているの?」、といってたしなめるが、このときはまだ、少年は母親の言っていることがよくわからなかったのです。
弟がイラクの少年兵と意識下で同化してしまったとき、はじめて、イラクの少年兵も砲弾が恐ろしい、深夜の爆撃は怖くて眠れない、育った村に帰って母親に会いたい、平和に暮らしたいと思っているのだと知ることができたのです。
この児童書は、湾岸戦争で連合軍がイラクに無差別爆撃をしたことに憤慨したイギリス人の作家の作品だそうです。
「北朝鮮のやつらを懲らしめてやれ、いつでも砲撃できるんだぞ」と息巻いているかの国、この国の指導者やネトウヨも、北朝鮮の兵隊さんも母親から生まれた血が通っている人たちで、自分たちと同じに親や兄弟、家族がいるし、本当は戦争なんかするよりも、村に戻って家族や恋人と平和に暮らしたいと思っているのではないかという想像力を働かせていただきたいものだなぁと。。この本は児童書ですが、こどもたちがそんなことを考えてくれればと思いました。
日本と北朝鮮バージョンでこの本をつくることもできそうです。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年12月 »