« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月31日 (日)

わたしの神様の一人が旅立ちました

以前、森村桂さんの作品にちなんで、「わたしの逢った神様たち」と「わたしの逢った神様たちその後」というブログを書きました。

12月29日の朝、その神様の一人Hさんが、2年以上にわたるすい臓がんとの闘病の果てに、旅立ってしまいました。
メールのない時代。どうやってお互いに連絡をとっていたのだろうと不思議に思う時代に思い出は集中しています。
昨日から考えているのですが、ぼんやりしていてはっきり思い出せないくらい昔のことですが、
散発的に浮かぶ彼との思い出があります。
その思い出の一つが、前に神様のブログに書いたエアコンの思い出です。
それ以外にも、
学生時代に読者モデルをしたことがある美人の友人がいるという話をしたら、なんとしても紹介して欲しいと、わざわざ福島まで東北自動車道を上って逢いに行ったが、途中でトラックが爆発炎上する大事故で大渋滞にまきこまれ、数時間かかって(朝7時に大宮出発して福島についたのが15時だった)ようやくたどりついたら、数年経過した彼女は80キロこえに太っていたため容貌がおばさんに激変していて、行きはルンルンしていた先輩が帰りの車内ではがっくりと肩を落としていたこと。。「俺は人として最低だ」とつぶやいていたことを思い出し、この話を闘病中の彼に話して笑ってもらって元気になってもらおうと思っていたのに、果たせずじまいとなってしまいました。
高校の部活の先輩の婚約祝いの宴会の幹事を二人で引き受けたのに、ずるずると企画をまとめないでいたら、結婚する本人の先輩が怒ってしまって、あわてて会場探したこととか。
いまとなってはいつなのか、なぜなのかもはっきりと思い出せないのですが、クリスマスイブの当日に、全然交際とかもしてないのに、なぜか食事に行く話になり(そうそう、I先輩はその日がクリスマスだということに気が付いてなくて、私はちょっとどきまきしたような気がします)ふたりでそのへんの適当な食堂の中華をたべたこと、まわりがおっさんばっかりでクリスマス感はまったくなかったこと。。でもそこが表参道でイルミネーションが綺麗だったこと。。
箱根に日帰りでドライブしたことも、なぜ急に箱根にドライブしたのか思い出せない。。
ちょこちょこと、いろいろな思い出話が浮かんできます。
先輩とまったく交際していたわけではなく、数年に一度や二度思い出した時に連絡しあっていた、たまにしか会わない先輩だったのに、ひとつひとつの思い出がいちいち強烈で、なんだかさびしすぎで悲しい。
あなたはわたしの神様のひとりだったのですよ、ということを伝えずに逝ってしまいました。。何年か後に、むこうの世界で、久しぶりーエアコンは本当にありがとうございましたと伝えられる日がくるのでしょうか?
幼いお子さんたちや大切な奥様を残し、やりかけの事業、成功させて金持ちになる!みんなにおごってやるぞ!と言っていたのに、、
沢山の無念を抱えてさぞかし悔しいと思います。でも、でも、充分がんばりました、あなたは、暖かい思い出をたくさん残しました、ほんとうにありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »