« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月22日 (月)

インド旅行記

著者中谷美紀 幻冬舎文庫

テレビで女優の中谷美紀さんがインド旅行の話をしていて、本もだしているという話を聞いて、読みたくなり図書館で予約したら、数人が貸出待ち、結局2か月以上待ってようやく手にして読みました。
そして、面白い。。数あるインド旅行記の多くが、バックパッカーの一人旅の悲惨な旅行記という中、高級ホテルに泊まり、ドライバーやガイドを雇うなかなか優雅な旅行記で、こんなインドもあるのだ!と、違うインドを知ることができました。
毎日エステ、毎日ヨガ、なんちゅうかうらやましい。
そんな優雅な旅行でも、お腹をこわしたり、熱をだしたり、パスポートを盗まれたりと、インドの洗礼を受けながらも、インドに魅せられた中谷美紀さん、この本を読み進むうちに、かなり中谷さんのファンになってしまいました。
現在、中谷美紀さんは、日生劇場で黒蜥蜴の主役(美輪明宏が演じてた役)を今まさに上演中ということで、ネットで公開されているPR映像を見ただけで、中谷美紀が美しすぎました。なんて素敵な女優さんなんだとと、ぼーっとなってしまいました観たいなぁという気持ちと、黒蜥蜴はなぁと思う気持ちがあり(20年前に美輪さんの黒蜥蜴は観ました)、ネットの映像で今回は満足することにします。
中谷さんの本を読んで、急速にインドに興味が沸き、色々と調べれば調べるほど、インドのことは地理、風習、宗教、歴史も含め、ほんとうに何一つ知らないということに改めて気が付きぼーぜんとなりました。
いやいや、インドのことどころか、中国の歴史や風習も、朝鮮半島のことも、中東のことともそれどころか日本のことですらほとんど知らないんじゃないかと不安になってまいりました。。
エッセイに写真がついていたらいいのになぁと思っていたところ、第四巻は写真編になっているようで、そちらも図書館で借りてきてこれから楽しみに読みたいと思います(てゆうか、こんなにファンになったんだから、買いましょうよ自分)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »