« えび(CHEMMEEN) | トップページ | インド人にご用心! »

2018年4月21日 (土)

神経病時代

著者 広津和郎 中央公論社

「やもり」「波の上」と続くクズ男三部作なのですが、調べてみるとこれ、私小説ですね、超著者本人の実話です。。
広津和郎は、1891年12月5日生まれ、明治24年の生まれですが、1968年まで長い作家生活で、交流関係多彩、菊池寛、芥川龍之介、志賀直哉などそうそうたる顔ぶれの友人がいいる長い作家生活を過ごした人物なのですが、わたしが不勉強なだけなのかもしれませんが、明治生まれの作家のなかでは、あまり知名度というか、代表作がないようですね。
代表作はこの「神経症時代」ですが、ほんとクズ男の話です、クズ男です(しつこいか)。
徹底的に自己中心的で優柔不断な男の話なのですが、文章の才能というのはクズ男関係ないのでしょうか、話としては、イラつきながらも、最後まで読んでしまう筆力がありました。
明治生まれの作家は、ひょっとすると、こういうクズっぽい作家がうじゃうじゃいたのではないかと想像できます。
しかし、残念ながら、本書、面白かったです。

|

« えび(CHEMMEEN) | トップページ | インド人にご用心! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101019/66633889

この記事へのトラックバック一覧です: 神経病時代:

« えび(CHEMMEEN) | トップページ | インド人にご用心! »