« 2018年4月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月14日 (土)

インドへ馬鹿がやって来た

著者 山松ゆうきち 日本文芸社

インドには大人向けのマンガがない、という情報を聞きつけ、インドで日本のマンガを売ったら儲かるのではないかと、英語もヒンズー語もできない著者が、日本のマンガをヒンズー語に翻訳して、インドで印刷し、インドで売るまでの、奮闘記。
面白い。会話は辞書の単語を羅列。なんとか通じるし、何度も使っていると、少しずつ覚えていく様子も面白い。
インドの食事は辛すぎるから自炊をしたいと、英語もヒンズー語もできないのに不動産屋で住む家を探しをしたり。ところが、不動産がいい加減で大変だったり。
英語もヒンズー語もできないのに、日本語学校などを回り、漫画をヒンズー語に翻訳している人を探したり。ところが雇ったインド人がいい加減で大変だったり。
やっと翻訳が終わって英語もヒンズー語もできないのに、印刷屋と交渉するのにてこずり、やっと交渉成立して、印刷を頼んだら、印刷屋がいい加減で大変だったり。
やっと印刷が終わったら、、なかなか売れない、、と、ここでもいろいろ試していて面白い、道を歩いている人にリンゴを差しあげるから読んでみて、と言って人々の反応をみたり、駅のホームで電車の窓から売りつけようとしてみたり、いろいろ発想がすごい。
でも、このど根性があったら、日本でなにか商売始めたら、ここまで苦労しないで成功するのではないかと思ったのですが、、著者のブログがあるみたいで覗いてみたら、しばらく更新されていないようですが、なんか、最後のブログでは、警備員とかしているような。。
この本、山田孝之あたりで、映画化できそうなお話なんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インドへ

著者 横尾忠則 文芸春秋

かつてはインド旅行者のバイブルだったらしいこの本、字が小さすぎて、読めない(老眼)
カメラマンと一緒の旅行で、日本でJTBでホテルを予約していったりと、わりとストレスのない旅行のように思いました。
それでも、やはり乞食との葛藤がここでも描かれています、
そう、施しとは? 自分のため? 相手のため? インドに行くとどうしてもその問題にからめとられてしまうみたいです。
文字が小さすぎて、途中で挫折してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女心と秋の空

著者 中谷美紀 幻冬舎

インドに行っていたころよりも、さらにレベルアップして、高いステージに行ってしまったかのように思える中谷美紀さん。
聖者のように思えます。
でも、本書の中で、ガンジス川でバタフライの映画にどうしても参加したいと頼み込んでインドに行ったのに、長澤まさみちゃんは二日間、病気にもならずに、きっちり体調管理をしてガンジス川を泳ぎ切ったのに、自分はダメだと言われていたのにこっそりカレーを食べて高熱をだし、撮影が延期になってしまった、なんて逸話が書かれていて、聖者もときに人間らしくなるのだと、ちょっとほっとしました。
あまり、背筋をのばして美や徳を追及しすぎずに、ちょっとずっこけたところがあるところが、この女優さんの魅力なんだろうな、、でも、年下なのに、老師、という存在になりつつある、あこがれの女優さんになっています。
本当にご本人が書いているのかぁ、芸能人の本はすべてゴーストライターが書いてるなんて言っている編集者がいたので、是非ともこの本は、ご本人が書いていて欲しいなぁと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インドかよ!

著者 ウィリアムサトクリフ ヴィレッジブックス

パブリックスクール出身のイギリス人の大学生が夏休みを利用して、友人の恋人とインドを旅するイギリスでベストセラーになったという一冊。
軟弱なイギリス人が、インドで旅の恥をかきすててくる。
ロイターの記者にインドの政治問題のひとつもしらない。新聞をよまないかと皮肉をいわれても、反省するどころか、むっとするだけ。
インドで出会った欧米女性をナンパして、マリファナを吸って、ヨガにはまった友人をよこめにし、そしてイギリスに戻って、ふかふかしたベッドでやっと眠れるとほっとする。
そんな、なるほどヒッピーのインド旅行記でした。
インド到着二日目に、まとわりつく乞食の女の子を軽くこづくあたり、インドに来て、乞食を無視できなければ、インドで旅行できないと言われて、なるほどと思うあたり、インドを旅行することは、自分の虚栄心とか、偽善心とか、自己中心性とかに、向き合わなければならないということなのだなぁなどと考えてしまいました。
そもそもインドのこの不安定の状況の責任の一端にイギリスがあると思うのに、いいのかこれで、なんて少し思ってしまった一冊でもありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インド人にご用心!

著者 モハンティ三智江 三五館

5月につれの病気が再発し、昨日は父親が救急車で運ばれ入院、今朝は買ったばかりの卵が腐っていて恐ろしい状態になっていたという災難続きの今日この頃ですが。
インド本は引き続き読み漁っていました。
本書は、旅先のインドに見せられ、インド人と結婚し、インドのブリーという土地でホテルを開業して20年以上暮らす女性のインドで暮らす日本人の苦労や、インド人の生活が垣間見える、しかもかなり最近の(初版2012年)の一冊です。
すこしは暮らしやすくなっているのかなぁと思うのですが、そうでもなさそうで、停電などはまだおおいし、トイレ事情もよくはなさそう。謝らず、感謝しない、言い訳は得意というのも本当のようです。日本人の美徳で通すと暮らしていけないというのがインド社会、インド文化なようです。
猛烈に高い気温、テロや内紛、政治家の汚職、貧富の差、身分の差(カースト)、ストライキ、停電、日本人の美徳で一歩下がっていたら、一生前に進めないのかもしれません。
そんなインドで暮らす著者、しぶしぶながら、カースト制度の文化に巻き込まれてしまっているようです。この文化を受け入れないと、その社会で暮らしていけないのでしょうが。深い闇、深い問題ですね。
とにもかくにも、バイタリティがないと、インド曼荼羅模様のような社会で生き抜くのは日本人には難しそうです。
でも、なんとなくインドで暮らす著者がうらやましい、さまざまな困難がありながらも、どうしても、インドの人々の暮らし、生活は輝いているように見えるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年8月 »