« いつまでも美しく | トップページ | 世界はインドで回っている »

2018年8月29日 (水)

百年泥

著者 石井遊佳 新潮社

昨年の芥川賞で、インドブームの私は、インドが舞台のこの小説、図書館で予約して、100人待ちくらいで、ようやく1年くらいかかって読むことができた小説だったのですが。

冒頭はインド関係あるのですが、それ以降のストーリーが、別にインドでなくてもいいのでは、西日本で百年に一度の洪水があったし、場所はそれではだめだったのか。

なぜインドだったかというと、作者が大学でインド哲学を勉強しており、夫が同じ大学でサンスクリット語の研究者で、インドに暮らしていたから、、のようです。

作者本人が多重債務者でインドのタコ部屋に入れられたという実話をもとに描かれたのだったら面白かったのですが。

大枚出さずに図書館で借りて読んでよかったかな。という小説でした。

以前、新刊を図書館で読ますなと運動していた作家がいましたが、わかっていない。

おもしろい本は図書館で読んでも必ず買います。私の場合、図書館で読んでから購入して、さらに10回くらい読んで、本がぼろぼろになって、2冊目を買いなおすこともあります。

なので、図書館で読まれると買ってもらえないという作家は力量がないだけかと思います。

|

« いつまでも美しく | トップページ | 世界はインドで回っている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101019/67097212

この記事へのトラックバック一覧です: 百年泥:

« いつまでも美しく | トップページ | 世界はインドで回っている »