« 友人の命日がまた過ぎて行った | トップページ | 伊藤計劃とかぼくのりりっくのぼうよみとか »

2019年2月 6日 (水)

メリーポピンズ

今公開中の「メリー・ポピンズ リターンズ」を観てきたら、一年以上も災難・不幸続きだったこのところの疲れた心に沁み込んでしまい、この2~3日はずっとこの映画のことを考えるような状態になりました。

まずは前作も観たくなり(子供の時にみたきりでほとんど覚えておらず)、借りて観ました。
この二日間、ヘビーローテーションで観てしまいました。
1964年に公開された前作でチンチムニーを歌うバート役の偉くハンサムで恰好よかった男優ディックヴァンダイクの虜になりました。
しかもなんと、本作にも92歳で再び出演していると知って、びっくり。元気だなー。
本作の女優さんエミリーブラント、綺麗すぎてうっとり。
前作のジュリーアンドリュースも美人だけど、どちらかというとおかめ顔で愛嬌のある美人だったのですが、今回のエミリーブラントは正統派の美人で素敵でした。
今回は字幕版でしたが、平原綾香が声優担当しているという吹き替え版にも行ってみたくなりました。
それだけではなく、さっそく原作の児童文学の方のメアリーポピンズも図書館に予約してしまいました。
メアリーポピンズ熱の渦中にいます。

|

« 友人の命日がまた過ぎて行った | トップページ | 伊藤計劃とかぼくのりりっくのぼうよみとか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101019/67670650

この記事へのトラックバック一覧です: メリーポピンズ:

« 友人の命日がまた過ぎて行った | トップページ | 伊藤計劃とかぼくのりりっくのぼうよみとか »