カテゴリー「インド本」の記事

2018年4月20日 (金)

えび(CHEMMEEN)

著者 シヴァシャンカラピライ 新宿書房

世界50か国語に翻訳され、映画化もされたという大ベストセラー作品ということなのですが、日本では1988年に一度出版されただけで絶版なのです。
「紅楼夢」以来、ひさしぶりに電車乗り過ごしそうになるくらい面白かったですけどねぇ、どうして日本ではヒットしなかったのでしょうか。
南インドのケララ州に住む漁師たちの生活が描かれ、当時(1950年ごろ)の、インドの漁村の文化や風習もうかがい知ることができる貴重な一冊だと思います。
本書、当初のインドでは、人が4人あつまると、この「えび」の話が始まるというくらいのベストセラーだったらしいです。
面白いですから、わかる気がしますが、日本人にはあまり受けないのですね。
そういえば、日本に入ってきているインド文学って圧倒的に少ない気がします。この作者の本ももっと読んでみたいのですが、、残念ながらなかなか見つけられません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 5日 (木)

インド青年群像

著者 渡辺建夫 晶文社

ボンベイやカルカッタ、ゴアなど、インドの民宿のようなところに滞在して、街の労働者たちと会話をした記録は面白く、また、インドの文学や音楽、映画など、ちょっとマニアックな内容がとても興味深かったです。
本書でおもしろかったのが、同じ下宿の住人のひとりに困っているから貸してくれといわれて貸したのに、「ありがとう」もなく、貸した金を踏み倒しても顔を合わせても「すみません」もないというエピソードが出てきました。
他の人が書いたインドの話でもときどきこの「ありがとう」問題はでてくるのですが、インドでは「ありがとう」と「すみません」があまり使われないので、ヒンズー語の映画を見ていても、そういう場面だけ、英語になっているという記述が本書にあったので、やはり本当にそうなのかなぁ、、なんでもかんでも「すみません」と「どうも」という日本人とすごい対照的な国民なのだなぁと思いました。。
本書は1978年と、40年も前ですので、今のインドの様子とはまるで違うのかもしれませんが、農村などはあまり違わないのかもしれません。
この著者はどういう方なのだろうと、ネットで調べても略歴などが詳しいことが検索できませんでした。数冊の本をだしてはいるようなので、また他の本もよんでみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 4日 (水)

清掃夫の息子

著者 T・Sピライ 三一書房

インドのヒンズー教の悪しき習慣カースト制度の最下層の職業とされていたトイレの清掃夫の息子に生まれた主人公のチュダラは、この理不尽な仕組みからぬけだしたいと考え、自分はこのカルマから抜け出せなくても、息子には違う人生を味あわせたいと、人一倍働き、無駄遣いを一切せず、家を清潔にし、妻や息子モハン(金持ち風の名前)に立派な格好をさせ、息子には学校に通わせ、教育を受けさせようとかなりの努力をする。将来は金をためてアパートを買おうと願っている、そのために、時には官僚のスパイとなり、親友を売って親友の家族を破滅に追い込むこともしてしまう。しかし、チュダラの夢はかなわず、妻とともにコレラに倒れ、幼い息子を残し無残に亡くなってしまう。

そして、チュダラが命がけで蓄えた金は信用していた上司に着服されてしまい、モハンはホームレスとなって生きてゆくしかなくなる。

やがて青年となったチュダラの息子モハンは今も清掃夫をしている。かつて父のチュダラの陰謀で命を亡くした友人の息子が彼の親友だ。しかしモハンは父とは違う、組合を作り、賃金の値上げなどの要求などをして戦っている。清掃夫の仕事を恥ずかしいと思うのではなく、人が必要とする、誰かがする必要のある仕事だと考えているのだ。最近の人々は、清掃夫はちょっと生意気だと思うようになったという。

それでよいと思う。清掃してくれるひとも、洗濯をしてくれる人も、かつて、そして今もインドでは最下層のカーストとして、蔑まれ、時に虐待される、しかし、もし彼らがインドからひとりもいなくなったら、誰が掃除をし、だれが服を洗うのか、高いお金をだして、人を雇うか、いままで最低の仕事として蔑んでいた仕事をカルマだと割り切り自分で行うことになるのか。大変な仕事をしている人は軽蔑されるのではなく、尊敬されるべきだ。うまく世の中を渡る人間、安心して教育を受け勉強に集中できる環境にいる人ばかりではないのだ。もちろん、努力してお金を稼ぎ、豊かな生活を享受することは幸せなことで、だれでも願うことだろう、でもその生活は、たまたま金銭的、精神的、肉体的に努力できる生活環境があったのではないのでしょうか、いろいろな幸運と本人の努力両方があって豊かになれるのだとしたら、貧しい生活をしている人を、努力が足りなかったのだと軽蔑することはできないと思うのです。

ガンジーも認めたカースト制。いまのインドはその矛盾をどう乗り越えているのでしょうか?

本書は1986年日本語にはじめて翻訳されました。

作者のタカジ・シヴアサンカラ・ピライはインドではインドの文化勲章にあたるパドマ・ブーシャン賞を受賞し、また、インドの最高文学賞も受賞した作家で、世界50か国で翻訳され映画化もされた「Chemmeen」という作品もある作家ということですが、この世界50か国に日本には翻訳されていないようです。英語版を探すしかないのかなぁ。。

インドの南部ケララ地方は貧しく、共産主義の運動も盛んな地域ということですが、この地方の言語、マラーヤラム語の文学も沢山あるそうですが、日本版Wikiのマラーヤラム語の説明ではこの本の著者ピライの日本語版翻訳がいくつかあると書いてあるので、国会図書館の所蔵で検索したところもう一冊「えび : ケーララの悲恋物語」という本がみつかりました。

そして、なんと、ちょうど今読みかけの本、渡辺建夫の著書「インド青年群像」に、この「チェミエン」のことが登場しており、謎が解けました。「Chemmeen」が「えび : ケーララの悲恋物語」ということのようで、ちゃんとなんと新宿書房という出版社で発刊されていたようです(廃刊になってるみたいです)図書館にあるようですので、借りてみようと思います。最近は図書館の検索システムが進化して廃刊になってしまった本ばかり読んでいるよ自分にとってはありがたいかぎりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月31日 (土)

インドで暮らす

著者石田保昭 岩波新書

1963年初版の本書、図書館で借りた本は1991年ですでに第31版ということですから、長く多くの人に読まれてきた本なのですが。。今日まで知りませんでした。。またもや世の中は知らないことばかり。。です。
本書は、東京大学卒業後、インドに渡り、3年間、インドの外交官などに日本語を教える仕事をしながら、インド人のまさに庶民の世界で生活して、感じたことを記した一冊です。
当時のインドに暮らす日本人は商社マンや新聞記者などのエリートで、贅沢な生活を保障された生活をする日本人くらいで、リアルなインドを知る日本人など誰もいなかった時代だそうです。
そんな中、インド人の教師と同じ給料で暮らすことに決めた著者。なかなか暮らすのは厳しい。それでも、自分の周りに無数にいる下層労働者の何倍もの賃金をもらっている。
なぜ、この人たちはここまで徹底的に虐げられ、貧しいのか、著書は日に日に義憤が増してきます。現地で大名のように安穏に暮らす日本人たちへの軽蔑感が増してきます。
本書、最初のうちはインドの貧しい人たちの生活を描いているのですが、徐々に左翼的な内容が目立つようになります。。東大を出た教養の高い、純粋な人は当時どうしてもあまりの理不尽、あまりの不平等さを前に義憤にかられ、共産的になってしまう時代だったのかもしれません。。
いまの日本は、そういうことを言ったり思ったりすると、たちまちアカだ、パヨク、左巻きだなんて言われて肩身の狭い思いをする人も多いのかもしれませんが、貧しい労働者の権利を守り、生活を向上させ、教育を向上させてきたのは、日本では昔からアカの人やパヨクの人だったのになぁ。。ネトウヨのひとたちは、自らぼろきれのように虐げられる貧困の奴隷の時代にもどりたいのかなぁ。。(あきらかにぼろきれのように労働者を取り扱う側の人たちではない人が多い気がするのですが)
インドでは、極端に貧しい南の州で、共産運動やヒンズー教から仏教に改宗して、カースト差別から抜け出そうとする人々が大量に発生したということです。
とはいえ、たったの三年ではインドのすべてを知るわけではなく、著者はインドのインテリ層を批判したとして、インドの外交官に怒られて国際問題に発展しそうになったこともあるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不可触民の道

著者 山際素男 三一書房

このところ、山際素男さんのインドの不可触民関連の本などを何冊かよんでいるのですが、

本書は、すさまじい不可触民に対する暴力、虐待、犯罪行為に政府や警察ぐるみかかわっていたのに、問題としてマスコミに取り上げられるとなるや、まったく知らなかったと白を切る様子が描かれています。

部下が犯したことは、自分は知らぬ存ぜぬのところで起きたことなので、自分には全く責任はないと言っているのです。

この光景はまるで、今日本で現在進行形の森友問題で、証人喚問された前国税庁長官の佐川氏や自分が任命して、「適材適所」で、優秀な逸材とはっきり言っていた部下がおかした不祥事について、知らなかったから責任はないとうそぶく政治家の様子・・

これは1980年代のインドの話なのですが、40年ちかく前のインドの状況と現在の日本が同じというのがなんともやるせない・・

警察ぐるみの犯罪・・・
198年代のインド、ビハール州の首都パトナから約三百キロ、ガンジス河沿いに下ったところにある村、バガルプールという街の警察、刑務所が起こした虐待事件。警察が容疑者と決めつけた若い男たち(なかには、ただ道を歩いていただけで警察に連れ去られた過去に犯罪歴もない善良な青年も含まれていた)を警察に連れ込み、拷問し、なんの司法プロセスも経ずに捕まえた男たちの目を針や薬品でつぶし、盲目にさせてしまう事件が何十件も発生していた。このことを知った義憤にかられた弁護士の告発で自体が発覚。ようやくマスコミに知られることとなり、州政府が調査に乗り出すまでに何年もかかり、何十人もの犠牲者が発生していた。。
この事件に対しての、警察の答えはひどいものでした。
この地区の警察最高幹部はこううそぶいている。
「犯罪の性格がどうのこうのいわれたって仕方ないよ、わしのところに下のものがいってきてはじめて犯罪があったことが判るんであって、その犯罪の性格なぞわしには元々関係がないんだ。容疑者を盲にしたという連中は、そんなことをわしに報告する必要がないと思ったからしなかったまでであって、後になって知らなかったといわれてもわしには何の”責任”もないよ」
州警察本部長も新聞を読むまで全く知らなかったといっているが、彼は最近何度も場がプールを訪れている、そこで何らの報告もうけなかったのだろうか。
本書にはまた、佐々井秀嶺というインド、ナーグプルに暮らす真言宗の僧侶が紹介されている。まったく知らない名前でしたが、真言宗のお坊さんということで、我が家で葬式などのときにお世話になるお寺の宗派のお坊さんでしたよ。。我が家の菩提寺のお坊さんなんかは高級車のりまわして高いお布施で、お寺を観光地にしてぶいぶい言わせているのですが、おなじ真言宗のお坊さんでもすごいちゃんとしたお坊さんもいるのだなぁとびっくりです。マザーテレサのように、ちゃんとしたことすると、宗教界では異端児扱いされるんだろうなぁ。
いつも増上寺とか、築地本願寺とか某新興宗教などのただっぴろい広い敷地や豪華な建物を見るたびに、このお寺に貧しいホームレスのひとを住まわせてあげて、世話してあげればいいのに、無駄に広い敷地つかってんなぁとか思っていたのですが、、ちゃんとしたお坊さんも世の中にはたまにはいるのだなぁと、、そんな感想も持ちました。
このお坊さんがこの地にすむようになったのは、夢のお告げというのですから、これもまた神ががかってますね(仏がかると言うのでしょうか?)
また、インドの政治家J.Pナラヤンについての記述もあります。インドの貧しい人々に敬愛される政治家ということですが、この名もはじめて聞きました。500人近いダトイットと呼ばれる誘拐、殺人、強盗など極悪のかぎりをつくしてきた盗賊団を投稿させ、改心させ、許したという
なんだか、いい年になっても、世の中しらないことばかりで、反省することばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月27日 (火)

不可触民~もうひとつのインド

著者 山際 素男 光文社

これまでの、エネルギッシュでなんだか怖いけれども、でも楽しいそう、そんなインド旅行記に夢中になっていたのですが、
インド本を読み集めてくると、だんだんと、嫌でもインドの負の部分、いや、闇の部分、嫌らしい部分が見えてくるようになりました。
この本は50年近く前のインドの様子なのですが、どうやら、現在のインドもそう状況は変わっていないようなのです。。
不可触民への、すさまじいまでの残酷な暴力、、読んでいてとてもつらくなる、読むと精神が疲れて、なんともやるせなくなくなり、、無力感が襲ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 9日 (金)

インドの衝撃

編著 NHKスペシャル取材班 文芸春秋

2007年1月に放映されたNHKスペシャルの内容を一冊にまとめたインドの現在(といってもすでに10年前)。
奇しくもつい数日前に「きっとうまくいく」の映画を観たばかりでしたので、ちょうど映画に登場する工科大学は、本書の第一章に登場してきたインドの最難関校であらるIIT(インド工科大学)がおそらく、舞台のようです。そのため、本書の内容は具体的にイメージしやすかったです。
このIITの卒業生は、世界中の大企業がのどから手が出るほど欲しがり、そして、世界の名だたる企業のトップの数多くの人材が実際にこの大学の卒業生だということから、子供たちはこの大学に入るために粗末な学習塾で勉強していた(というよりも、この大学に入れば将来が約束され、家族のみならず、村の人たちまで支えることができるのではと考え勉学に励んでいる様子はけなげで、こんな子供が日本にいるかなぁなんて思って読みました)。
インドはどんなに貧しくても、ずばぬけて頭がよく、必死に勉強すれば大学に入れて勉強ができるという国ではあるようです。(事実本書で、電気も水道もない村で暮らす少年が、学費無料の学習塾で勉強し、IITに合格する様子が描かれています)
日本はどうなのでしょうか?その子が頭の良い子かどうかを、貧困地区の大人たちが見分けることができるのでしょうか?そして、その子を励まして、地域でささえて、大学に送ってあげる、そんなシステムはあるのでしょうか?その辺はどうなっているのか気になるところです。
現在のインド。外国の大資本が続々と入り、巨大なショッピングモールが出来、工場が出来、人々は炊飯器や冷蔵庫、電子レンジやエアコンなど、夢の家電を手に入れ、確実に暮らしは豊かになってゆくのでしょうけれど、農民に遺伝子組み換えの種を借金させて売りつけ、借金苦で若い農民が次々と自殺していく様子や、農民の土地を無理やり撤収して空港や原発を作り、反対運動が起きているという話を聞くと、なんだかこれはどこかで見た風景だ、、これから深刻な公害汚染問題などもおきるのではないのだろうかなど、いいことばかりではなさそうです。
分厚い一冊でしたが、読み応えのある一冊でした。
続編もあるようですので、これから読んでみることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インド人の頭ん中

著者 冬野 花 中経の文庫

2度のインド旅行を経て、会社をやめ、インドのデリーに移り住んでしまった女性のインド本
「ガンジス川・・」はどうしても面白さを感じられずに、最後まで読まずに図書館に返してしまいましたが、この本は、電車で寝るのも忘れてあっという間に読んでしまいました。
インドで最初に探して住みついた家が、屋上で水浸しになる部屋。
その後50以上の不動産屋と交渉して、ようやく次のアパートに引っ越すまでの展開も面白い。不動産屋さんの話だけでここまで面白くなってしまうのか。。インドは?
それでも住み続けて、今も住んでいるようですので、よほど魅力的な国なのだろうなぁと思いました。
それ以外にも彼女にはいろいろなハプニング続出で、インドにの庶民生活は、金銭的には貧しいのかもしれないけれども、次から次に起こる出来事はこれが豊っちゅうものなのではないかと、、色々と考えてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きっと、うまくいく

インド熱が高じて、ついにボリウッド映画初体験。
いやぁおもしろかったです。
インドの工科大学(ものすごい倍率の受験を勝ち残ったエリート生徒たち)が繰り広げる涙と笑いのストーリー。
テンポもよく、歌って踊って「All is Well~」なんて口笛吹いて皆で楽しく踊っているのに、その一分後に友達が首つって自殺。。。なんという展開なんだ!とまずびっくり。
実在の大学、実在のモデルがいるようです。
スピルバーグが大絶賛という映画だそうです。映画館で見たかったなぁ。。
主演のアーミル・カーンは44歳で18歳の大学生の役を演じたらしい。。全然違和感なかった。
もっといろいろなインド映画を観てみたいです。
そして、なぜか、インドの子供に勉強を教えている夢を見てしまいました。。
きっと主人公のランチョーが結末で小学校の子供たちに勉強を教えていたからかもしれません。
インドじゃなくてもよいから、日本でも、どこでもいいから、貧しいけれども、本当に勉強を必要をしている小さな子供に、勉強を教えるようなことをしてみたいなぁ、、と久しぶりに思ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月24日 (土)

ガンジス河でバタフライ

著者 たかのてるこ 幻冬舎文庫

長澤まさみ、クドカン脚本でドラマ化もされたという本書。
読んでみて。。1971年生まれ、クドカンと同級生の著者ですので、今は決して若い人ではないので、ん?っとそんな印象を受けたのかとおもいます。
最初は現代版森村桂さんの作品という印象でした(著者は見た目もちょっと似ている)。
でもなぜか、ものすごく違和感があり、作られてる感じがして、
桂さんの天国に一番近い島とは似ているようでいた、何かが違う、、何が違うのかな?
桂さんのようなピュアさがなくて、読んでいてあんまりおもしろくない。わくわくしない。うんざりする。
それは、クドカンの「あまちゃん」を観ていた時と同じ印象。この世代の作家さんたちの特徴なのでしょうか。。いまの世の中はこういう話がうけるのかなぁ。。?
吉本ばななの友達ということで、なんとなく納得。。好みの問題なのかと思いますが、あまり好きなタイプの作家さんではありませんでした。
本業はテレビプロデューサーということなので、どうしてもこういうキャッチーな内容にしてしまうのかな?
中谷美紀さんのインド旅行記はあんなに夢中に先へ先へと読んだのに、どうしてこの本は全然読み進むことができないんんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)