カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

2020年6月 5日 (金)

備忘録2020 

コロナ禍で、安月給でも仕事が忙しく、

落ち着いて物を考えられない日々なのですが

気になる

いつか落ち着いたときにゆっくりと調べたり、考えたりしたいいろいろなキーワードリスト

多すぎるな。。

松本清張とか、山崎豊子とか城山三郎とか吉村昭に小説化してもらい(わーん、みんな故人、存命で彼らくらいの筆致で描ける作家さんって今はどなただんだろう?横山秀夫?相場英雄?ひでおさんよろしく

伊丹十三(また故人…)に映画化とかテレビドラマ化とかしてもらって、素人でもこういう事件のことを、わかりやすく説明してほしい。

人気俳優使って、ゴールデンタイムでぜひ。。

森友学園 
文書改ざん

国税庁長官

近畿財務局
自殺

加計学園

総理のご意向

桜を見る会

白紙領収書 

ニューオータニ

ANAインターコンチ

マスク 不良品 検品 届かない

定年延長

検察庁法改正案

黒川検事長

麻雀 テンピン 訓告

退職金

持続化給付金

事務委託費 

769億円 リモートワーク中

サービスデザイン推進協議会

電通

梶山経産相『(直接契約すると)電通の財務会計上の処理が複雑化する』???

パソナ

再委託 

Go To キャンペーン

事務委託費

3095億円

家賃支援給付金

リクルート

前田ハウス

中小企業庁長官

再々々々委託

持続化給付金の業務委託について、首相は「ルールにのっとったプロセスを経て決定された」と強調した(2020/6/11(木) 11:17配信 時事通信)


りらいあコミュニケーションズ
顧客との会話の録音データを改ざん おそろしい。。。


フジテレビ 産経新聞 世論調査 架空の回答を不正に入力

前法相夫妻逮捕 公職選挙法違反容疑 



 

 

| | コメント (0)

2020年5月29日 (金)

気に入らない相手に「頭がおかしい」という人

テレビやSNSでコメントをする方で、発言に影響力のあるにもかかわらず、自分の意見と合わない相手に「頭がおかしい」とよくいう人がいます。

相手に対して、「頭がおかしい」と感じるのは、相手が文字通りの頭に障害を抱えた、知的障碍者や、なんらかの精神疾患や認知症の場合もあるかと思いますが、それ以外にも、育ってきた文化の違い、習慣の違い、言語の違い、生育環境、教育、宗教などいろいろな理由があるからかもしれません。

それでも、「頭がおかしい」と相手に投げつけるのは、法律で規制してもいいレベルの、ヘイト的な、差別的な表現ではないかと感じます。

誰かが誰かに「頭がおかしい」、「頭が悪い」と発言しているのは聞いて、悲しくなり、寂しくなります。

 

このことば、相手を傷つける破壊力もあり、誹謗中傷にも該当するのじゃないのかな?

 

相手と意見が違うなら、丁寧に違う部分を説明して、こういうことを理由にあなたの意見は間違っていると思いますがいかがですか

と言えばいいだけで、何でもかんでも「頭がおかしい」と言うことはこういう理由で、辞めていただきたいと思うのですが。

そう思うわたしは「頭がおかしい」のでしょうか?

 

| | コメント (0)

2020年4月 8日 (水)

緊急事態宣言の朝

穏やかな天気

自宅待機要請なら、マスクも緊急性なくなるのにマスクを配るという政府

いろいろと、もっとうまくできたと思うのに。

むかし、あのひとが首相になったとき、冗談かと思ったけど、

日本の官僚がちゃんとしているから、あのひとが総理でも大丈夫なんだろうな、

日本は平和で安心だと面白がっていたのだけど。

笑って見ていてはだめだったのか、あれは終わりのはじまりだったのか。

官僚はそこまでちゃんとしてなかった。

そのあと起こったこれまでのいろいろなことは、恐怖でしかない。。

日本の官僚はここまで機能しなくなってしまったのかなぁ。。

「総理、それはだめですよ」といえる官僚はいなくなったのでしょうか。

いやいや、日本最高の頭脳をもつ知的集団(のはず)。。これから遂に底意地を見せてくれるのかなぁ。。

そうであってくれることを願う、、いや祈るしかできません。

 

緊急事態宣言の朝、、つれづれと思ったこと。。

 

|

2020年2月29日 (土)

戦後の闇市状態

関東大震災のあとや、敗戦のあとにこういう輩がたくさんいたという本はたくさん読みましたが。

変わらないのですね。

これはアマゾンの画面ですが、戦後の闇市になっとる。。。

Koronamasuku 

| | コメント (0)

2020年1月 7日 (火)

あけましておめでとうございます

家族の病気や不幸が続き、ここ数年、めっきりブログする元気もなく、放置気味のこのブログですが。

あいかわらず森村桂さんの記事にだけはかなりのアクセスがあります。

桂さん、やはり魅力的なんだな。。

いろいろ大変な数年だったけれど、少し落ち着いてきたので、またゆっくり桂さんの本でもよんでみようかな。

とおもう年の初めでした。

 

 

| | コメント (0)

2019年9月10日 (火)

最近のニュースで思うところ。。

先日、香山リカさんという精神科医の方が、彼女の父親が目撃した徴用工の話を雑誌の記事に乗せたところ

ヤフーコメント欄が荒れまくっていて、伝聞で自分は見ていないのだから証拠にならないというコメントが多数、、、

これでは、広島や長崎で被爆されて、語り部をされている方も、シベリアからの引き上げで語り部をされている方も、絶望してしまうでしょう。。実体験された方々は、これから全てこの世にいなくなってしまうのです。

語り部の方がいなくなったら、原爆投下も、全部作り話だだ!

シベリア抑留なんて人から聞いたでまかせだ!、、、ってなるんでしょうかね。

香山さんの話を真摯に聞かずに、人から聞いた昔の話もちだすな、と騒いでいる人は、どうなのでしょう、、

歴史に学ぶという言葉を知らないのでしょうか。

わたしの亡き祖父は満州で終戦を迎え、シベリアに3年間も抑留され大変苦労したそうです。

男手のない農家で、当時の祖母の生活はそれはそれは耐え難かったと聞きます。

シベリア抑留者も何の補償もされずに泣き寝入りしていますが、一部のシベリア抑留者は今でも日本政府を訴えています。

若いヤフー民の曽祖父の中にも、おなじようにシベリアやアジア南方で苦役をさせられた経験者がたくさんいるとおもいます。

国の方針でひどい思いをした人は、戦時中たくさんいるのです。それを補償してほしいと思うことがそれほどおかしいことなのでしょうか。

もしも、自分自身や家族、大切な友人が、誰かに理不尽に拘束され自由を奪われ、不当な扱いや虐待や差別をされ続けたとしても、そのことは、昔のことだから、別にいいよ、気にしない、許してやるよ!って言えるのでしょうか。

もちろん、国と国とは政府の外交上の駆け引きや、政策があるのでしょうけれど、個人の感情はそれぞれで、国の方針と同じではなくても、韓国の徴用工の方に同情的な意見があってもよいのではないでしょうか。

ひどい扱いされて、散々な目にあわされたのは、日本の国民もほぼ一緒だったのですから。

 

| | コメント (0)

2019年7月23日 (火)

参議院選挙より吉本

悲しくて、情けない、

さすがに、ワイドショーだって、選挙の翌日なんだから、戦後最低の投票率だった話とか、テレビに出してもらえない小さい政党の党首が比例で過去最大数の個人票取った話とか、年金2000万円足りなくて、所得は増えないのに、消費税は上がるのに、それでもやっぱりみんな自民党が好きなんだ、とか、そういった参議院選挙の結果の解説や、今後の政治についてのコメントしてないか、とテレビをつけたら、なんと、選挙の翌日なのに、吉本の社長がずっとテレビでしゃべっていました。。

参議院選挙より吉本。。そういえば、吉本新喜劇のコントに現役総理大臣が出演していて、見間違いではないかと、二度見、三度見したのもつい最近でした。。

この国は、、もう、笑ってごまかすしかない国になってしまったのかな?

もともと、そういう国だったのかな?

吉本新喜劇は昔からくだらないナンセンスが面白くて、大好きで、今も好きですが、政治家がしかも、一国の総理大臣が新喜劇をするようになったら、国民はずっこけると思います。日々の暮らしや、生活がずっとずっこけて、ナンセンスで、それでみんな、いいのかな?

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年7月12日 (金)

ハムレット殺人事件

テレビでハムレットの舞台劇を観てから、トリック的な想像が膨らんでいます。

「トリック」とは昔仲間由紀恵と阿部寛主演で放送されていた人気テレビ番組のことです。

この世に超常現象などない、全て科学で説明できる、というあれです。

つまり、ハムレットも「トリック」の技で真相を解明できるのでは?と想像してみました。

ずばり、この物語の真犯人はハムレットの親友、ホレイショー(と、影の真犯人としてノルウェーの王子フォーティンブラス)

物語の最初で、ホレイショーと夜警は亡き先代ハムレット王の亡霊を見たとハムレットを呼び出します。

この亡霊は実はハムレットを陥れるために、ホレイショーが仕込んだ先代ハムレット王に扮していた何者かだったのです。

実はホレイショーとハムレットの母ガートルードは内通しており、ハムレットの弟クローディアスが邪魔になり、クローディアスを
殺そうとして結託していたのである。

その証拠に、ホレイショーたちには見えていた父親の亡霊がハムレットとふたりきりの時に母親には見えなかったが、実はハムレットをだますために、母親は見えないふりをしていたのです)。

というわけで、ハムレットを復讐の鬼とさせ、正気を失わせ、クローディアス暗殺を仕向けたのは、ホレイショーとガートルードであり、クローディアスは実は善良な男だったというわけです。

なぜならば、クローディアスはハムレットに優しくしていました。もし先代ハムレットを本当に殺していたのなら、その息子も邪魔なはず。。

クローディアスが正気を失い、おかしくなっていったのは、ガートルートに毒をもられていた、また、ガートルードとホレイショーの中を疑い疑心暗鬼になっていたから?

しかし、実はホレイショーはフォーティンブラスの密使で、デンマークを手中に入れるため、ガートルードも邪魔となり、デンマーク国の主要人物を皆殺しにするのが目的だった。

この陰謀にポローニアスとオフィーリアは運悪く巻き込まれただけ。

というわけです。。

あまり出来が良くないですね。。トリックの上田教授と山田にこの謎を解明してほしいものです。

 

 

 

| | コメント (0)

2019年6月14日 (金)

健全な社会

「息子殺しを僕は責められない」というとある元政治家でもある弁護士の人権意識がひどすぎて、落ち込みます。

「息子が他人に害を及ぼすかもしれない状態です」と、病院なり、警察なり、自治体なりに全く相談してもいない。親、家族として思いつく限りの手も尽くさずに、おそらく見栄や外聞といった価値観が勝っていて、人に頭をさげたり、相談したりすることができずに、短絡的に息子を殺めてしまった殺人者の気持ちがわかると、正当化するような発言をしていて、法曹界の人とは思えません。

ここはどんな理由があっても殺人は断じて許されないと言うべきところでしょう。どうしたら殺人がふせげたのかを考えていただきたかった。

他人を殺すような家族は殺してもいいから、家族内で解決しろと、それでは司法の役目を全く放棄しています。

引きこもりの原因や理由は複雑です。単なる不良、甘えで終わらせようとしている。できるべき政治や福祉、医療に焦点を当てずに、現象だけを悪しざまに問題視する風潮は責任逃れです。

高齢者の事故だって、利益最優先で徒歩圏内の商店街や、電車や路線バスといった地方の交通インフラを台無しにしてしまった原因や理由があるかもしれないのに、事故にばかり焦点を当てて、免許返納させる、といったてっとりばやく簡単な方法で解決しようとしています。

引きこもりが悪い、高齢者の運転が悪い、と悪者扱いされて、肩身が狭くなる人々が増えて、それでみんな楽しくて、幸せなのかな?

そんなの健全な社会なのかな?

 

 

 

| | コメント (0)

2019年6月 5日 (水)

不寛容な社会と寛容な社会

不寛容な社会と寛容な社会、どちらが生きやすいのか。

ひとさまざまなようです。

強者は弱者を踏みつぶしてのし上がれるので不寛容な社会がのぞましい。

弱者は踏みつぶされっぱなしはいやなので、寛容な社会がのぞましい。

でも、今は強者の不寛容な人々も、けがや病気や天変地異や社会変化でいつ弱者の立場にまわるかもしれない。

そんなとき、自分がこしらえた不寛容な社会に絶望しやしないのでしょうか?

最近の引きこもりの起こした事件についての著名人のネットの言説で、ああ、この人は不寛容タイプだなと思った人と不寛容な言葉を書き留めておこうとおもいます。

小林よしのり:「人間を含む生物界は、弱肉強食が基本で、弱者が生き残れないのは自然だろう。人間ゆえに、強者が弱者を守らねばならないと、わしは思っているが、弱者が弱者のままでいいという社会は、実際にはない」

本当にないのかな? 弱者が弱者のままでも安心してくらしても良いというのが正しい人間の社会じゃない?弱者が生きられない社会は人でなしの住む、けだもの社会だよな。

東国原英夫:「拡大自殺、誘発された事例がどれくらいあるか示すべき」

舛添要一:「政府は必要な予算措置を。また個々人が防犯護身用具(防犯スプレーなど)を携帯するのもよい。若い頃柔道と剣道に励んだが、警察などでの護身術の講習も役に立つ」

橋下徹:「息子殺しを僕は責められない」

どんなに優秀な人でも、一度でも知事を経験すると短絡的な馬鹿になってしまう呪いでもあるのかな?

こういうことを他に言いそうな不寛容タイプに曽野綾子、石原慎太郎などが思いつくのですが、今回発言が見当たらない。ひょっとして、この人たちはすでに高齢者で弱者の泥沼に足をつっこんでいるためすこし寛容のありたがさに気が付き始めたのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧