カテゴリー「音楽」の記事

2015年7月23日 (木)

アジカン@横浜アリーナ

先週18日の土曜日に、約1年ぶりにアジカンのライブに行ってきました。

いつもは横浜アリーナでは夏フェス(ナノムゲン)で2ステージくらいしか出演しないアジカンが、ワンマンです。
実はライブの途中で足がつって、MCになったらちょっと座席に座ろうと思ってMC待ちしていたので、途中から足が痛くて泣きそうでしたが、最後まで素晴らしいライブでした。足が痛くても我慢して立ち見です(ライブにまったく関係ない自分情報)。
それにしても、今回特にゴッチはなにも語らないぞ、という印象でした。
あれから約一週間、毎日頭の中に演奏がリフレインしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月27日 (月)

Peter Barakan’s LIVE MAGIC@恵比寿

Peter Barakanさんがプロデュースのライブに25日に行ってきました。

インターFMで毎朝放送されていたピーターバラカンさんのバラカンモーニング、毎日聞いていたのに、2年くらい前にいちど打ち切りになったあと(その時は原発批判をしていたせいかと噂されていた)

その番組が去年の4月に復活して、すごくうれしく、しかも今年、幕張に転勤になり、長距離通勤中に毎朝バラカンさんの声に癒されていたのですが、3月11日にランキンタクシーの反原発ソングを流した翌放送日にいきなり番組の打ち切りが発表され、バラカンさんも寝耳に水だったといっていたし、放送最終日には、クレージーキャッツの「はい、それまでよ」を番組で流して「ふざけやがって、ふざけやがって、ふざけやがってコノヤロー」ですよ(本人は原発は関係ないと言っていましたが、やはり原発圧力があったのではないかと、かなり穿った見方をしてしまいました)。
そして10月から、バラカンモーニングの番組が終わり、バラカンさんの声の聴けないさみしい毎朝を過ごしていたのですが、久しぶりにバラカンさんの声を聴くことができました。
このライブは3つの会場で、並行して何人かのアーティストが演奏する、フェスっぽいライブでした。ドリンクやフードの提供エリアも設置され、キッズルームまで準備されてました。
フェス形式とはいえ、やはりメインの人気アーティストの会場に人が押し寄せ、、会場に入りきれない観客も多発。。これはバラカンさんが予想した以上の大盛況だったのではないでしょうか?
バラカンさんがライブを企画するまで、ほとんど知らないミュージシャンばかりだったのですが、どのミュージシャンも、バラカンさんお勧めということに納得できる内容ばかりでした。
特にStanley Smithがとても良かったです。独特の声が曲にとても合っていました。
それにしても、生バラカンさんをはじめてみることができて、ラジオの印象と寸分もかわらず、うーん、バラカンさんますます好きになってしまいました。
バラカンモーニング復活の署名も続いているみたいですが、是非また毎朝バラカンモーニングの聴けるそんな日々になることを願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月14日 (月)

ASIAN KUNG-FU GENERATION @渋谷クラブクワトロ

7月4日の金曜日の夜、久しぶりのアジカン生ライブに、ひとり参戦してきました。

7時開演でしたが、到着したのが7時半だったので、、アジカンは8時終演(つづいてアナログフィッシュが対バンだったので)賞味30分しかアジカン聞けず、そこはかなり、悲しかったのですが、それでも、小さな会場で酸欠状態のなか、すぐ目の前にゴッチが歌っていて幸せのひとときでした。
義父の新盆などの関係で、今回はナノムゲンには参加できなかったので、本当にこのライブのチケットがとれてよかったよかった、、次のアジカンライブはいついけるのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月19日 (木)

大脱走

とりあえず、野坂さんの大脱走は聞いておきましょう。

チボー家のジャックの書いた反戦アジよりわかりやすいかもです。。

カッコつけて死んでしまう前に、逃げ足の速い奴が長生きするのです。

いざとなったら、大脱走です。

大脱走http://www.youtube.com/watch?v=IcqhSI_Uh8c

ニンゲンニンゲンもともとハダカ

カネもメイヨもメンツもギリも

みんな捨ててこステテコシャンシャン

逃げ出せ逃げ出せ 命が大事だぁよぉ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月15日 (水)

ジョンレノンスーパーライブ2013

そうそう、そうそう、すっかり書くのを忘れてしまっていたのですが、去年ももちろん12月7日(土)に、武道館にジョンレノンスーパーライブに行ってきました。

今年は、斉藤和義と吉井和哉が珍しく不参加で、トータス松本も出演していなかったため、かなり花の無いライブとなってしまい、ちょっと淋しい感じもしましたが、井上揚水が、ちょっとお得間ありでした。
若手の可愛いシンガーなども登場し、ヨーコは80歳でも、絶叫シャウトでパワー全開していて、安心しました。
折りしも前日に秘密保護法案が参議院で可決され、ヨーコは「秘密保護法案」じゃなくて「国民保護法案」を皆で作りましょう、なんてこと言っていました。
この20日後の26日に武道館近くの靖国神社に首相が参拝して平和とはまた程遠い活動をされていましたが、20日前には武道館ぎっしりの国民が平和の祈りをしていたのであります。
ジョンとヨーコの夢の実現はいつの日になるのやら、、出演者の一人が、今の日本の情況をジョンや清志郎が見たらなんと言うんだろうとつぶやいていたのが印象的でした。若い人の間でナショナリズムが増強しているということも良く聞きますが、最前線に送られて親や恋人を悲しませるのはこういう若い人たちなわけで、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月25日 (月)

ポールマッカートニー@東京ドーム

11月19日(火)ポールマッカートニーのライブにいってきました。

Img_2871

前回の来日が2002年ということですから、実に11年ぶり、前回のライブも行きましたが、今回の方がよかった印象が強いです。今年のアルバムNEWはこの二ヶ月間ヘビロテで聞いていたし、8割がビートルズ時代の曲ということもあって、いろいろな人生のシーンを曲と一緒に思い出してしまいました。高校時代の大学受験の時は、ずーっとビートルズを聴きながら勉強していたので、高校時代にこたつで勉強していたことなどまで思い出してしまうビートルズの曲の数々、、そして、梅田や六本木のビートルズコピーバンドの店に足しげく通ったりした想い出、亡き友人Yや、不仲になってしまった友人Mとの数々の想い出もビートルズが絡んでいるのです。

殆ど休憩なく、ラストの曲がイェスタディかと思いきや、次にヘルタースケルター、おお、こうくるか!と思うと、まだまだ歌う、、最後がゴールデンスランバー、、泣けました。。

今回のライブは、かなりチケットが高額でしたが、それでも、行ってよかったと思える素晴らしいライブでした。

ポール、実生活でも幸せなのかもしれませんね。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月23日 (月)

アジカンファン感謝祭@横浜スタジアム

一週間前の3連休になってしまいますが。行ってきました。アジカンライブ

天気も良い土曜日の横浜スタジアム、到着したのが17時過ぎと、開演時間を過ぎていたので、もう駅を出たらすでにアジカンの演奏がバーンと聞こえてきて、テンションが上がりまくりです。日本大通り側の駅からスタジアムに向ったため、リストバンドを貰うためにスタジアム反対側の受付まで行かねばならず、、、遠かったです。、、暑かったです。会場に入る前にすでに滝のような汗が、、、漸く会場入りできました、、すでに周囲はライブの熱気でむんむんでした。。2時間の演奏後、20分ほどの休憩のあと、ファン人気投票ということでベストテンのカウントダウンがはじまりました。もう、本当に人気曲ばかりで、盛り上がることといったら、、
時々はいるゴッチのMCには会場大うけで、楽しいライブでした。
ファン投票1位だった「ソラニン」は、ゴッチの作詞ではない曲、、自分としては「なぜ?」と思いましたが、この映画でアジカンファンになった人たちが結構いるんだろうなぁと思いました、確かに、とてもよい歌詞です、でも、ゴッチが作詞でない曲がなぜ?とは思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月11日 (火)

ジョンレノンスーパーライブ

12月8日は日本武道館に例年どおり、ジョンレノンスーパーライブに行ってまいりました。

あいかわらずの顔ぶれ、オノ・ヨーコさんがお元気そうでなによりでした。
しかし、、12年つづいたこのコンサートの12年間、、世界も日本も平和になるどころか、ますますずたぼろ状態、、イスラエルもパレスチナも、コンゴも、アフガニスタンも、アメリカもイラクも、エジプトも、シリアも。そしてちっちゃな島廻っていざこざおこしてる日本も中国も韓国も、、ミサイルやるぞってる北朝鮮も。
一体どこに平和なんてあるのだろうと、出演のミュージシャンのコメントや、ジョンの歌詞を聞いていても、この人たちはナイーブすぎるのではないだろうか、、愛や平和を過信しすぎているのではないかと思ってしまう心持になってしまいました。
吉井和哉がWorking Class Heroの邦訳で、 「君は笑って人を殺せるかい」と歌っていましたが、石原慎太郎しかり、安部晋三しかり、いざとなったら笑って敵国に核攻撃したいなんて思ってる残酷な人も数多く存在しているこの世の中です。
今年のコンゴの大虐殺だって、イスラエルのパレスチナ空爆だって、彼ら、人を笑って殺してやしませんか、、などということを考えてしまい、、なんだか空しい気持ちになってしまいました。
それでも、平和は夢かもしれないけど、でもその夢をみてるのは、君ひとりじゃない、仲間がいるのさ、そうですよね?ジョン、そして清志郎?私も、やはりそう思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五嶋龍@サントリーホール

12月5日に龍くんのバイオリンコンサートにひさしぶりに行ってきました。

日本に来日したときは、チケットとれればほとんど言っていますが、見るたびに立派になっていて、、子供のことから見ているので、感慨深くなってしまいます。
曲目はプロコイエフやベートーベンのバイオリンソナタ、難易度高い、重厚な曲で、友人は隣の席で、ほぼ全曲気持ちよく睡魔に襲われて爆睡していましたw
最後の挨拶は空手家っぽい体育会系の挨拶でした。
まだ、22歳、あと70年くらいは演奏家として活躍できるんだなぁ、、わたしはあと何年彼の演奏を聴けるのだろうか~などとそんなことも考えてしまいました。。70年後はどう考えてもこの世にいません。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月12日 (月)

ヨーヨーマ&キャサリン・ストット@サントリーホール

久しぶりのヨーヨーマでワクワクしながらサントリーホールへ向いました。



曲目はストラヴィンスキー:イタリア組曲



3つの小品(含むピアソラ)


ファリャ:7つのスペイン民謡


休憩をはさんで

ドイツ軍の捕虜になったフランス人の音楽家メシアンが収容所で作ったという(有名らしいが知りませんでした)メシアン:世の終わりのための四重奏曲より第5楽章イエズスの永遠なることへの頌歌


ブラームス:ヴァイオリンソナタ第3番 ニ短調op108

その他アンコールたくさん。

サントリーホール満席でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧